【持久走】速くなるための練習方法を紹介!【小学・中学・高校生】

こんにちは、みかづきです^^

今回は「速くなるための練習方法」について解説します。

いきなりですが、持久走に向けたトレーニングで次のような悩みはありませんか?

持久走の練習方法の悩み
  • 持久走の練習方法が分からない。
  • 疲れずに持久走を走れるようになりたい!
  • 簡単な持久走の練習方法が知りたい!

この記事を読むことで、上記のような悩みを解決します!

それでは、10年以上ランニングを続けている筆者が、疲れないようにする持久走の練習方法について解説します。

目次

持久走が速くなるの練習方法

小学生の練習方法

小学生の持久走の練習方法は、低学年と高学年によって異なります。

理由としては、小学1年生と小学6年生では筋肉量や身長・体重などが大きく異なるからです。

そのため、今回は低学年(1~3年生)と高学年(4~6年生)に分けてご紹介します。

低学年(1~3年生)

小学校低学年の場合は、本格的な陸上の練習をするよりも、放課後の居残りでたくさん遊ぶことが重要になってきます。

放課後に居残りでは、鬼ごっこやドッジボール、ドロジュン(地域によってはドロケイ?)などをして遊びます。

そういった遊びを1時間や2時間としていると、柔軟な動きや基礎体力を身につけることができます。

高学年や中学生と比較して、まだ成長段階の低学年の人にとって、遊びから得られる柔軟な動きや基礎体力は重要です。

これらの経験値が、持久走の時に必要な体力や正しいランニングフォームに繋がってきます

ですので、低学年の場合は、学校のある日は1時間や2時間と外で遊ぶことが最高の練習方法になります。

高学年(4~6年生)

小学校高学年の場合は、タイムトライアルを練習として行うのが効果的です。

タイムトライアルでは、実際に持久走で走る距離を全力で走ります。

実際に持久走で走る距離を全力で走ってみるとことで、次のメリットがあります。

  • 今の自分の課題を見つけることができる
  • 超回復を促すことができる
  • 持久走本番のイメージトレーニングになる

実際に走って見ると、持久走本番のイメージトレーニングになりますし、今の自分の課題を見つけることができます。

「前半から飛ばしすぎて、後半が失速してしまう~」

「すぐに姿勢が悪くなるな~」

このように、タイムトライアルで身体に負荷をかけられるだけでなく、改善すべき課題も見つけることができます。

今の課題を意識して改善することで、より疲れない走りができるようになるのです。

>>タイムトライアルの詳しい記事はこちら

中学生の練習方法

中学生にオススメのトレーニング方法は、以下の3つです。

  • 坂道ダッシュ
  • 3~5kmのジョギング
  • 200m×5本のインターバル走

5~10kmのジョギングをすることで、長い距離を走ることを身体に慣れさせることができます。

また、インターバル走をすることで、速いペースで走ることにより心肺機能・筋力を強化できます。

中学生の場合は、速いペースに対する身体の耐性を付けることが必要になるので、上記の練習方法をご紹介しました。

そのため、インターバル走をすることで速いペースに慣れる習慣を身につけることができます。

インターバル走の手順
  1. 200mダッシュをする
  2. そのまま200mをゆっくりジョギングする
  3. ①と②を繰り返す(3~5回目安)

200mはだいたいの距離で良いので、走る環境に合わせて距離を調節してみてください。

インターバル走についての詳細は、下の記事をご覧ください。

>>インターバル走についてはこちら

高校生の練習方法

高校生にオススメの練習方法は、以下の4つです。

  • 坂道ダッシュ
  • 3~5kmのジョギング
  • 8~12kmペース走
  • 1000m×2~3本のインターバル走

持久走といっても3kmの学校もあれば、10km以上走らないといけない学校もあると思います。

3km前後の距離を走る時は、3~5kmのジョギングや、1kmを速く走るインターバル走だけで対策はできます。

しかし、10km以上走らないといけない場合、8km~12kmを一定のペースで走るペース走をすることが必要になります。

ペース走

ペース走では、ペースは遅くても良いので「一定のペース」で走ることを意識してみてください。

1km5分でも6分でも大丈夫です。タイマーを持っていない人は、走っている時のリズムを一定にしみましょう。

ペース走の設定ペースや走り方について、以下の記事で詳しく解説しています。

>>ペース走についてはこちら

坂道ダッシュは簡単でオススメ

長い距離を走るのが苦手な人や、簡単に短時間で練習したい人は「坂道ダッシュ」がオススメです。

もちろん、長い距離を走ることは必須になりますが、いきなり長い距離を走るのは少し抵抗があると思います。

そこで、高い負荷が得られて簡単にできるトレーニングが「坂道ダッシュ」になります。

やり方は簡単で、50~150mほどをダッシュで坂を上り、ゆっくり下ることを3回以上やってみましょう。

心肺機能・脚力の向上が期待できるため、持久走を走るために必要な心肺・脚力が得られます。

坂道ダッシュの詳細については、下の記事をご参考にしてみてください。

>>坂道ダッシュについてはこちら

練習は継続して効果がある

持久走はキツイかもしれませんが、しっかり練習することで疲れずに走れるようになれます!

ただし、1回だけではなく週2、3回は練習できるように頑張りましょう。

1回走ったくらいでは疲れない身体を手に入れることはできないので、継続してジョギングやスピード練習を頑張ってみてください。

また、持久走を走るときに知っておくべきコツについても紹介しています。

意識して走ることで、より効率よく速く走ることができます!

おわりです^^

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このブログを運営している人

ランニングが身体の一部になっている「みかづき(筆者)」です。

市民ランナーとして普段は走っており、記事の中で出てくる「筆者」として記事を制作しています。このメディアを通して、少しでもランニングに関する悩みを解決したいと思っております。

目次