【陸上】レースで緊張したときの対処法3つを解説!

こんにちは、みかづきです^^

今回は「レースで緊張したとき」について解説します。

いきなりですが、次のような悩みはありませんか?

レース前の緊張の悩み
  • 陸上の試合で緊張したときはどうする?
  • レース前に緊張するのはなぜ?
  • 緊張のほぐし方が知りたい!

この記事を読むことで、上記のような悩みを解決します!

それでは、10年以上ランニングを続けている筆者が、レース前の緊張について解説します。

目次

レース前に緊張する理由

陸上などのレース前に緊張する理由は、レースのためにしっかり練習をしてきたからです。

これは筆者の体験談があります。

レース前に緊張するときは、そのレースまでに継続して思うような練習ができたときが多かったです。

逆に緊張していないときは、十分に練習できていなかったときが多かった印象があります。

レースまでに十分に練習ができていると、自己ベストを更新できたり良い結果を望めたりします。

そのため、大きな期待が膨らむ分だけ、緊張が増していくのです。

ですので、レース前に緊張するのは悪いことではなく、しっかり練習ができている証になります。

緊張をほぐす方法

筆者が行っていた、レース前の緊張をほぐす方法3つを紹介します。

  • 深呼吸をする
  • 音楽を聴く
  • 紙に気持ちや予定を書く

1つずつ、深掘りします。

深呼吸をする

レース前に緊張しているときは、ゆっくりと深呼吸をするのがオススメです。

深呼吸は道具を使わないですし、場所を選ぶ必要もありません。

目を閉じてゆっくりと深呼吸することで、心の中のモヤモヤみたいなモノが少しなくなる感じがあります。

深呼吸は1回だけするのではなく、自分で決めたタイミングで行うのがオススメです。

筆者は次のタイミングで、深呼吸を行います。

  • ウォーミングアップの直前
  • 試合会場に着いたとき
  • スタートラインの前に立ったとき

上記のように、あらかじめ深呼吸をするタイミングを決めておくと、より緊張がほぐれやすいです。

音楽を聴く

緊張をほぐしたいときは、音楽を聴くこともオススメです。

普段聴いている音楽を聴くと、リラックスした気分になることができます。

筆者の場合は、ストレッチをしているときに音楽を聴くようにしています。

音楽を聴くと、自分の世界観に入ることができるので、レースに対して集中することもできます。

紙に気持ちや予定を書く

レースに対しての期待や不安な気持ちを紙に書くことで、緊張をほぐすことができます。

頭の中で考えているだけでは、気持ちの整理はつきにくいです。

紙やノートに気持ちを書き出して見ることで、頭の中で考える量を少なくすることができます。

実際に、筆者が紙に書き出した内容がこちら↓

  • 緊張しているけど大丈夫、きっと大丈夫。
  • いつも通りのウォーミングアップをするだけ。
  • 最後まで全力で頑張る!!

上記のような感じで、自分が考えていること・思っていることを好きに書きます。

考えや思いを書き出すことで、頭の中や心の中が少し軽くなりますよ!

考えすぎないことも大切

レースのことを考えすぎると、緊張に押しつぶされそうになってしまいます。

そのため、あまりレースのことを考えすぎないことも大切です。

それにレースのことをどれだけ考えたとしても、現実に変化はありません。

「今、できることをやる」ことが、レースに1番直結します。

普段の生活リズムを崩さすにレースを迎えることで、今までの練習の成果を発揮することができます。

ある程度緊張をほぐして、自分らしいレースができるように頑張ってください!

レースやポイント練習にオススメのシューズを紹介しています。

レース前のウォーミングアップやスピードを出すときに、ぜひ使ってみてください!

おわりです^^

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このブログを運営している人

ランニングが身体の一部になっている「みかづき(筆者)」です。

市民ランナーとして普段は走っており、記事の中で出てくる「筆者」として記事を制作しています。このメディアを通して、少しでもランニングに関する悩みを解決したいと思っております。

目次