ポイント・スピード練習におすすめランニングシューズ8選!

こんにちは、みかづきです^^

今回は「スピード練習などポイント練習で履くシューズ」について解説します。

いきなりですが、スピード練習をするときに次のような悩みはありませんか?

ポイント・スピード練習の悩み
  • スピード練習をするときにオススメのシューズが知りたい!
  • ポイント練習をするときにオススメのシューズは?
  • スピードが出せる薄底シューズが知りたい!

この記事を読むことで、上記のような悩みを解決します!

それでは、10年以上ランニングを続けている筆者が、スピード練習・ポイント練習で使うシューズを紹介します。

目次

ポイント練習用シューズのメリット

スピードが出しやすいシューズに履き替えることで、効率良くスピードを出すことができます。

インターバル走やレペティションなどのスピード練習をするとき、普段のジョギングシューズだとなかなか走りにくいです。

普段履き用・ジョギング用のランニングシューズは、耐久性や安定性を上げるために補強材が使われることが多いです。

そのため、シューズが重くなり足の回転数(ピッチ)を上げることが難しくなります。

ですので、スピードが出しやすいシューズに履き替えることで、より楽に効率良くスピードを出すことができるのです。

ポイント練習用のシューズの選び方

ポイント練習で使うシューズを選ぶコツは、次の3つあります。

  • 1.軽量性が高いシューズを使う
  • 2.テンポアップシューズを使う
  • 3.レースシューズを使う

1つずつ、深掘りします。

1.軽量性が高いシューズを使う

軽量性のシューズを履くことで、ピッチを上げやすくなりスピードを出しやすくなります。

そのためポイント練習の中でも、特にスピード練習をするときは軽量性の高いシューズを選びましょう。

軽量性の高いシューズの代表例としては、薄底シューズがあります。

短距離選手だけでなく、中長距離選手のインターバル走でも薄底シューズはオススメです。

厚底シューズよりも反発性が低い分、自分の足の力を使ってスピードを出すことになります。

そのため、より地足を鍛えられ、練習効果を高めることができます

2.テンポアップシューズを使う

テンポアップシューズとは、カーボンプレートや高反発素材などが搭載されることでスピードを出しやすくしたシューズのことです。

ただし、レースシューズのレベルまでには届かず、機能性としてはレースシューズとジョギングシューズの間に位置します。

シューズの反発性・スピードの出しやすさ
高いレースシューズ
テンポアップ
シューズ
ジョギングシューズ

そのため、テンポアップシューズは練習用のスピードを出しやすいシューズになります。

テンポアップシューズは練習用シューズ!

3.レースシューズを使う

ポイント練習をするときに、実際にレース本番で使うレースシューズを使うこともあります。

ポイント練習でレースシューズを使うことで、次のメリットがあるからです。

  • レースシューズに慣れることができる
  • スピードが出しやすい

レースシューズは軽量性のモノが多く、厚底カーボンシューズはジョギングシューズと比べてかなり軽くなっています。

スパイクや厚底カーボンシューズに普段から慣れることで、レース本番でより使いやすくなります

マラソンに向けて練習している人はマラソン当日に履くシューズ、中学生や高校生ではスパイクを履くことがオススメです。

  • マラソンに向けて走る人→ポイント練習は厚底シューズ
  • 中学生・高校生→スピード練習はスパイク
    (ペース走などはテンポアップシューズがオススメ)

オススメのポイント練習用シューズ

オススメのポイント練習用シューズを、薄底シューズ・テンポアップシューズ・レースシューズに分けてご紹介します。

特に短距離選手など、ポイント練習がスピード練習メインになる人は薄底シューズがオススメです。

薄底シューズ

  • FuelCell 5280 v2
  • ターサーrp3

ニューバランス FuelCell 5280 v2

シューズの特徴
  • 推進力が生みやすい形状になっている
  • 短距離・長距離どちらでも使うことができる
  • 他の薄底シューズと比較しても軽い

ニューバランスで1番スピードが出しやすい薄底シューズになっているのが、 FuelCell 5280 v2になります。

トラックでも土のグランドどちらでも使いやすいので、中学生・高校生に特にオススメのスピードシューズになります。

アシックス ターサーrp3

シューズの特徴
  • 薄底シューズの中でもクッション性と反発性が高い
  • 自分の足で蹴り出す感覚がある
  • 短距離選手でも使いやすい!

ターサーrp3は、短距離・長距離を選ばずに使うことができる薄底シューズになります。

先ほど紹介したFuelCell 5280 v2よりもクセが少ないため、初心者の人やマラソンのポイント練習で使いたい人に特にオススメです!

テンポアップシューズ

ペース走やビルドアップ走など、速いペースで距離を走るポイント練習にオススメのシューズ3つを紹介します。

  • タクミセン9
  • マジックスピード3
  • FuelCell REBEL V3

アディゼロ タクミセン9

シューズの特徴
  • アディオスプロ3より反発性が低く履きやすい。
  • ポイント練習だけでなくフルマラソンでも使える!
  • 厚底カーボンシューズの中でも安定性が高い

タクミセン9は、薄底と厚底の間に位置する中底シューズになっています。

程よい反発性とクッション性を備えているため、練習用のシューズとしてちょうど良いランニングシューズになります。

少し足幅が広く安定性があるため、マラソンなどの長い距離にも使えるランニングシューズになっています!

アシックス マジックスピード3

シューズの特徴
  • スピードモデルの厚底カーボンシューズ。
  • 他のレーシングシューズよりも耐久性が高い。
  • スピード練習からペース走など長い距離まで対応。

マジックスピード3は、耐久性が高く短い距離のスピード練習から長い距離を走るポイント練習まで使える万能なシューズです。

ニューバランス FuelCell REBEL V3

シューズの特徴
  • アッパーの耐久性が高く破れにくい
  • 強すぎないクッション性が走りやすい
  • カーボンプレートがないのにスピードが出る

FuelCell REBEL V3は、破れにくい素材感でカーボンプレートがなく使いやすいテンポアップシューズです。

そのため、初心者の人や走力に自信のない人でも、簡単に使うことができるポイント練習用のシューズになります。

カーボンプレートも入っていないため、高い反発性・クッション性が苦手な人でも履きやすいシューズです!

レースシューズ

  • ロケットX2
  • ウェーブリベリオンプロ
  • メタスピードスカイプラス

ホカ ロケットX2

シューズの特徴
  • どんな人が履いても強いフィット感がある
  • 履き心地が良く扱いやすい厚底カーボンシューズ
  • 安定感のある厚底カーボンシューズが欲しい人に!

ロケットX2は、ナイキのヴェイパーフライ3やアディダスのアディオスプロ3と比較して、少し柔らかさを感じるシューズとなっています。

カーボンプレートは硬すぎず、少し柔らかいクッションが非常に特徴的です。

そのため、初めての厚底カーボンシューズを履く人や、サブ3・サブ4の人でも使えるレースシューズとなっています!

ミズノ ウェーブリベリオンプロ

シューズの特徴
  • つま先がそり上がり自然と足が転がる感覚がある
  • 踏み込んだ時に少し沈む感覚があり、その沈み込みが戻るように反発性がある
  • 厚底カーボンシューズの中でも比較的軽い

ウェーブリベリオンプロは、つま先が少しそり上がり転がるように走ることができるレースシューズになります。

スピード練習はもちろん15km、20kmと走っても足を運びやすいシューズになっています。

そのため、疲れてきても足の回転がしやすく、ポイント練習からマラソンまで幅広く使えるシューズになっています。

アシックス メタスピードスカイプラス

シューズの特徴
  • 足を踏みこむたびに強いクッション性と反発力がある
  • 足幅が広い方や足の甲が高いでも履きやすい
  • ヴェイパーフライネクスト%2やアディオスプロ3と同じ感覚のシューズを使いたい方

メタスピードスカイプラスは、ロケットX2やウェーブリベリオンプロと比較して反発性とクッション性が高いレースシューズです。

フィット感を高めつつ柔軟な形状になっているので、甲が高い人や足が小さい女性の人もで履きやすいレースシューズになっています。

トラックや土のグランドなど場所を選ばずに、スピードを出しやすいシューズです!

新しいランニングシューズで、日々のポイント練習の質が上がることを願っています!

ゼビオにはその他のシューズやランニングウェアも揃っています。

自分の気に入ったランニンググッズを揃えて、大事なポイント練習を乗り越えてくださいね。

\ アウトレット価格も^^ /

おわりです^^

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このブログを運営している人

ランニングが身体の一部になっている「みかづき(筆者)」です。

市民ランナーとして普段は走っており、記事の中で出てくる「筆者」として記事を制作しています。このメディアを通して、少しでもランニングに関する悩みを解決したいと思っております。

目次