【アシックス】スーパーブラスト レビュー|重くなくマラソンにも!

こんにちは、みかづきです^^

2023年3月2日から発売されるアシックスの厚底シューズ「SUPERBLAST(スーパーブラスト)」

スーパーブラストについて、以下の悩みはありませんか?

スーパーブラストについての悩み
  • ブラストシリーズのクッション性や反発性を知りたい。
  • サイズ感やワイド感を知りたい。
  • 他のシューズとの性能の比較が知りたい。

それでは、10年以上ランニングを続けている筆者が、他のシューズとの比較を踏まえてご紹介します。

目次

スーパーブラストの特徴

スーパーブラストを履くメリット・デメリットをまとめてみました。

スーパーブラストを履くメリット
  • 高いクッション性と反発性から、足への負荷が少なくなり、疲労感を感じにくい。
  • 約240g程と、クッション性の割は軽量なモデルとなり、長時間のランニングでも重さを感じにくい。
  • ナイキのインビジブルラン3同様、エリートランナーから市民ランナーまで使える万人受けするモデル。
スーパーブラストを履くデメリット
  • ワイドサイズが無いため、ワイド感はそれほど感じられない。
  • 反発感が強すぎて履きにくいという場合がある。

アシックスの中で高い反発性

クッション素材として、FF BLAST TURBOという素材が使われています。

この素材は、同じアシックスの「メタスピードスカイプラス」にも使われている、アシックス史上1番反発がもらえる素材になっています。

メタスピードスカイプラスはアシックスの中でも最高峰のレースシューズとなっているので、トップレベルの反発がもらえます。

反発力だけだとメタスピードスカイプラスの方が上ですが、それに近い反発感を得ることができます。

よって、足への負担をより少なく走ることができるので、楽しく走りたいときや疲労抜きジョグをしたいときにオススメのランニングシューズになります!

メタスピードスカイプラスの反発性については、以下の記事で詳しく解説しています。

しっかりとした安定感

シューズの底の部分に固い補強材のようなものが使われていることで、ランニング中の足の安定感を保つことができます。

クッション性やシューズの反発が強いと、走っているときの足の安定感が下がってします

薄底シューズだと地面を捉える感覚が強く着地もしやすいですが、厚底シューズになると着地するときに足がグラついたりして、不安定になりやすいからです。

スーパーブラストでは上記の厚底シューズ特有の弱点を克服しているで、初心者の方でも履きやすいランニングシューズになっています!

ノヴァブラスト3よりも反発が強い

ジョギングシューズであるアシックスの「ノヴァブラスト3」と比較して、反発感が強いと感じました。

ノヴァブラスト3はクッション性が非常に優れていますが、そこまで反発性は強くないので自分の足で走っている感覚があります。

それに対して、スーパーブラストは弾むような反発感があるので、自分の足で走っている感覚がほとんどありませんでした。

シューズからの反発をもらって走りたい方はスーパーブラスト、高いクッションがあって自分の足の力で走りたい方はノヴァブラスト3を選ぶのがオススメです。

  • シューズからの反発をもらって走りたい人→スーパーブラスト
  • 自分の足の力で走りたい方→ノヴァブラスト3

ノヴァブラスト3の特徴やサイズ感については、こちらの記事で詳しく解説しています。

インビジブルラン3に似ている

ナイキの「インビジブルラン3」とクッション性や反発感が似ていると思いました。

もちろん、若干クッションの柔らかさや反発感の違いはありますが、シューズの特徴がほぼ同じなので使い方としては全く同じになりました。

サイズやフィット感が原因でインビジブルラン3を購入できなかった方は、ぜひスーパーブラストを選んでみてください。

インビジブルラン3の特徴やサイズ感については、こちらの記事で詳しく解説しています。参考にしてみてください↓

サイズ感

ハイパースピード3やノヴァブラスト3と比較して、シューズの長さが少し長くなったという感覚がありました。

しかし、特別長いという訳ではありませんので、サイズを1つ落とす必要はないです。

筆者は足が大きいためワイドサイズを選ぼうとしましたが、ワイドを探しても見つかりませんでした。しかし、スタンダードのサイズのシューズを履いたところ、普段と同じサイズで違和感なく履くことができました。

ゲルカヤノ30やハイパースピード3の27.5cmのワイドサイズを履いていますが、スーパーブラストも27.5cmで履けました。

シューズのアッパー(上の部分)には非対称のメッシュ素材が使われており、足当たりのよいフィット感が生まれることから、ワイドな方でも履けるようになっていると感じました

ハイパースピード3に関するサイズ感や特徴は、こちらの記事で詳しく解説しています↓

使う場面

エリートランナー疲労抜きジョグ・ゆっくりなジョグ
市民ランナーフルマラソンのレースシューズとして使う 

高いクッション性と反発があるので、足を鍛えるという目的ではあまり使えないと感じました。

ですので、サブ3やサブ4以上の走力のある方にとっては、つなぎのジョグのときに使うのがオススメです。

一般的な市民ランナーにとっては、フルマラソンのレースシューズとして使うのが良いと思います。

重さが約240gですので、フルマラソンの後半でシューズの重さが気になる心配は少ないです。

ある程度走力があるなら、メタスピードスカイプラスなどを履くのが良いと思いますが、サブ3やサブ4を狙いたい人であればちょうど良いシューズになります。

ジョギングではゲルカヤノ30など安定感の高いシューズを使って、フルマラソンではスーパーブラストを履くのがオススメです!

  • ジョギング→ゲルカヤノ30など使う
  • フルマラソン→スーパーブラストを使う

まとめ

スーパーブラストを履くメリット
  • 高いクッション性と反発性から、足への負荷が少なくなり、疲労感を感じにくい。
  • 約240g程と、クッション性の割は軽量なモデルとなり、長時間のランニングでも重さを感じにくい。
  • ナイキのインビジブルラン3同様、エリートランナーから市民ランナーまで使える万人受けするモデル。

反発性の高いシューズが欲しい人に特にオススメのランニングシューズです。

マラソンやポイント練習などに、ぜひ使ってみてください!

ゼビオやアルペンだけでなく、Amazon・楽天でも購入することができます。

おわりです^^

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このブログを運営している人

ランニングが身体の一部になっている「みかづき(筆者)」です。

市民ランナーとして普段は走っており、記事の中で出てくる「筆者」として記事を制作しています。このメディアを通して、少しでもランニングに関する悩みを解決したいと思っております。

目次