【アシックス】ライトレーサー5レビュー|初心者や中学生に!

こんにちは、みかづきです^^

今回は、asics「LYTERACER 5(ライトレーサー5)」のレビュー記事です。

ライトレーサー5は2024年3月12日から発売され、前作ライトレーサー4からのアップデートモデルになります。

厚底シューズが主流になる前の時代では、多くのランナーが履いていたライトレーサー。

より初心者向けにつくられたデザイン・機能性になっています!

それでは、10年以上ランニングを続けている筆者が、前作や他のシューズと比較して解説します。

目次

ライトレーサー5の特徴

ライトレーサー5
アッパーメッシュ素材
ミッドソールFLYTEFOAM PROPEL
アウトソールAHAR PLUS
重さ
(27.0cm)
約220g
値段(定価)¥9,900円

初心者にも扱いやすいクセの少ないシューズで、どの陸上競技にも使える万能シューズです!

1万円を切る価格で買えることから、コスパの高さでも人気のあるシューズですね。

詳しく解説しています。

ライトレーサー4と比較

スクロールできます
ライトレーサー4ライトレーサー5
アッパーエンジニアード
メッシュアッパー
(全面に3Dプリント)
メッシュ素材
ミッドソールFLYTEFOAM PROPELFLYTEFOAM PROPEL
アウトソールTRUSSTICAHAR PLUS
重さ
(27.0cm)
約225g約220g
値段(定価)¥9,350円¥9,900円

ライトレーサー4とライトレーサー5の違いは、耐久性とフィット感です。

ライトレーサー5は耐久性が高くなっている分だけ、シューズの包み込む力が強くなってフィット感が向上しています。

地面のけりやすさやシューズの反発感は、ほとんど同じです。

耐久性が高いシューズ

厚みのあるメッシュ素材になっており、特に親指と小指の耐久性がかなり高くなっています。

ですので、シューズの表面の部分が破ける心配がかなり低くなっています。

同じ初心者向けのシューズとして、アディダスのアディゼロジャパン8がありますが、それよりも耐久性が高いと感じました。

アディゼロジャパン8はサイズ感が少し大きめで、少し柔らかいクッション性がある部分が魅力のシューズです!

シューズの寿命が長くて耐久性の高いシューズが欲しい人に、ライトレーサー5はオススメです!

アディゼロジャパン8については、次の記事で詳しく解説しています。

初心者向けのデザイン

ライトレーサー5は厚底シューズのような衝撃を減らすクッション性が低いので、自分の足で地面をけることが強く求められます。

そのため、自分の足で接地をする感覚を大切に走ることができます。

自分の足で地面をける感覚や筋力をつけることで、正しいランニングフォームや身体の基礎筋力をつけることができるからです。

ですので、成長期の学生やこれからランニングフォームを正しくしていく初心者の方と相性が良くなっています!

\ 送料無料です /

サイズ感

耐久性の向上によって、前作よりサイズ感が少し窮屈になりました。

筆者は前作のライトレーサー4の27.5cmのワイドサイズを履いており、ライトレーサー5では28.0cmのワイドでした。

そのため、普段履いているサイズよりワンサイズ上げて購入するのがオススメです。

ランニングシューズの中では小さめのデザイン!

アディダスやニューバランスなど、普段から他のメーカーさんのシューズを履いている人も、ワンサイズ上げるのがオススメです。

前足部の指周りが、かなり窮屈になっています。

補強材で耐久性を上げている分だけ、圧迫感が増していますね。

使う場面

使える場面を、以下の2つの項目ごとに説明します↓

  • 練習からレース本番まで使える
  • 長距離だけなく短距離もOK

練習からレース本番まで使える

シューズの厚さ20mm以内ですので、トラックレースでも使うことができます。

陸上初心者の人が初めてトラックレースに出るときに、

「まだ、試合用のスパイクを買ってない!」

という状況になってしまうこともあると思います。

そのときにライトレーサー5で短距離から長距離まで、全てのレースに出ることが可能です。

1500mや3000mであれば、中学生の場合はライトレーサー5などの薄底シューズの方が、好タイムが出るときがあります。

(走力や身体の仕上がり具合によりますが、、)

スパイクで走るとレース中に足が痛くなり、逆に走りづらくなるという人もいると思います。

実際に筆者も中学1年の頃は、スパイクで走るとふくらはぎが痛くなって走れなかったです。

ですので、練習からレースまで全て1足で使えるライトレーサー5を、始めの1足として用意するのがオススメです。

長距離だけなく短距離もOK

ライトレーサー5は特徴的な部分がないので、短距離から長距離、フィールド種目まで使うことができます。

50mのような瞬発的なスピードが求められる場面はもちろん、10kmのジョギングでも使うことができます。

動き作りなどのアップの場面でも使えるので、ウォーミングアップ用しても使うことができます。

陸上部に入ってすぐだと自分の専門種目が決まってない人も多いと思います。

「どんな種目に挑戦しようかな?」

と悩んでいる時期に大活躍するので、迷っている人の救世主ですね!

まとめ

ライトレーサー5の特徴
  • 耐久性が高く、前作よりもシューズが破けにくい。
  • 初心者にも使いやすく、短距離から長距離まで全種目で使える。
  • 1万円以下でコスパが良く、初めてのランニングシューズも最適!

ライトレーサー5は、スポーツゼビオやアルペンから購入可能です。

1足目のシューズや万能シューズとして、ぜひ揃えてみてください!

\ 送料無料です /

Amazon・楽天からでも購入可能です。

おわりです^^

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このブログを運営している人

ランニングが身体の一部になっている「みかづき(筆者)」です。

市民ランナーとして普段は走っており、記事の中で出てくる「筆者」として記事を制作しています。このメディアを通して、少しでもランニングに関する悩みを解決したいと思っております。

目次