【アシックス】エボライドスピード2レビュー|硬い路面を走る人に!

こんにちは、みかづきです^^

今回はasics「エボライドスピード2」のレビュー記事です。

アッパーのみのアップデートですが、軽量で前作よりもペースを上げやすくなりました。

そのため、サブ3やサブ4、部活生でも使いやすいランニングシューズになっています!

それでは、10年以上ランニングを続けている筆者が、前作や他のシューズと比較して解説します。

目次

エボライドスピード2の特徴

エボライドスピード2
アッパーエンジニアードメッシュ
ミッドソールFF BRAST
アウトソールAHARソール
重量
(27.0cm)
約226g
定価(税込)¥14,300円

エボライドスピード2の特徴を、まとめてみました。

エボライドスピード2の特徴
  • 前作よりもホールド感が向上し、使いやすさと耐久性が高くなった。
  • 自分で蹴る感覚がありつつも、十分なクッション性がある。
  • コンクリートやアスファルトで走りやすく、マラソンにオススメ!

ここから、深掘りしていきます。

少し硬めのフィット感へ

前作のエボライドスピードと違ってエボライドスピード2は、素材感がより丈夫になっています。

表面の素材は、荒くて伸びやすい素材感になりました。

エンジニアードメッシュと聞くと、編み目が細かくてサラッとした感覚をイメージするするかもしれません。

しかし、今作はピタッとしたレースシューズのような足当たりになっています。

また、かかとに「ヒールカップ」が入ったため、かかとをガッシリとホールドしてくれます。

足の甲の部分であるシュータンも、薄くて硬い素材感になりました。

前作と比較して全体的に素材感を硬めにして、ホールド感を高めている感じになっていますね!

スピードを出しやすいモデルに

前作よりもホールド感が高くなりましたが、ゲルニンバス26やノヴァブラスト4よりはホールド感は弱いです。

加えてアッパーの素材が薄く、スタイリッシュなモデルになっています。

そのため、スピードの出しやすさ・ペースの上げやすさはゲルニンバス26やノヴァブラスト4よりも優れています。

また軽量化のために、アッパー(シューズ表面)素材をかなり薄くされています。

フィット感が強いシューズが欲しい人は、ゲルニンバス26など重量があるシューズがオススメですね。

自分の足で蹴る感覚

エボライドスピード2は、少し硬めのクッション性で自分の足で蹴る感覚があるシューズになっています。

FF BRASTが少し硬めのクッションのため、着地したときに硬さを感じます。エボライドスピード2はカーボンプレートは入っていませんが、FF BRASTによりしっかり反発がもらえるようになっています。

自分の足で蹴る感覚があるシューズには、アディダスの「アディゼロジャパン8」やアシックスの「ハイパースピード3」などがあります。

その上記の2つよりは、クッションの柔らかさを感じることができます。

ですが、アシックスの「ノヴァブラスト4」や「マジックスピード3」と比較すると、クッション性は劣っています。

そのため、スピードが出しやすくマジックスピード3よりも反発性が弱いシューズが欲しい人にオススメです!

ノヴァブラスト4と比較

ノヴァブラスト4との違いを解説しています。

値段や使われている素材の比較は、次の表にまとめてみました。

スクロールできます
ノヴァブラスト4エボライドスピード2
アッパーエンジニアードウーブンエンジニアードメッシュ
ミッドソールFF BLAST PLUS ECOFF BRAST
アウトソールAHAR LOAHARソール
重量(27.0cm)約250g約226g
値段(定価)15,400円14,300円

エボライドスピード2とノヴァブラスト4の違いは、クッションの硬さと使用用途です。

ノヴァブラスト4の方がフィット感も高く、柔らかいクッションが包んでくれる感覚があります。普段のジョギングで使ったり、マラソンのレースシューズとしても使いやすいですね。

エボライドスピード2の方が、クッションは硬く感じます。そのため、体重をかけた分だけスピードが出せるようになっています。

ノヴァブラスト4は初心者も使えるジョギングシューズに対して、エボライドスピード2はある程度走れている人のジョギングシューズという感じです。

  • ノヴァブラスト4→初心者~上級者までのジョギングシューズ
  • エボライドスピード2→少し走り慣れた人のジョギングシューズ

エボライドスピード2はジョギング中のペースアップがしやすいので、カーボンプレートのないテンポアップシューズのような感じですね。

>>ノヴァブラスト4のレビュー記事はこちら

サイズ感

マジックスピード3やハイパースピード3など、スピードを出しやすいシューズとサイズ感はほとんど変わりません。

ゲルカヤノ30やノヴァブラスト4など、安定感が高いシューズと比べると気持ち幅は狭い印象があります。

サイズ感は、ハイパースピード3が1番近いと感じました。

エボライドスピード2はワイドサイズもあるため、足幅が広い人や足の甲が高い人でも履きやすくなっています。

そのため、スタイリッシュなモデルですが、足幅が広い人でも履きやすいです。

エボライドスピード2はワイドがある!

\ ゼビオで購入できます! /

使う場面

エボライドスピード2は自分の足で蹴る感覚を残しつつ、少し硬めのクッションがあるシューズです。

走っていて足裏の疲れがなく、足が疲れているときでもジョギングしやすいです。

そのため、アスファルトやコンクリートなど硬い路面で走るときに使いやすいシューズです!

部活生にも使いやすい

ハイパースピード3と同じAHARグリップですので、土やコンクリート、芝生など走る場所を問わずに走ることができます。

グランドやアスファルト、陸上競技場など幅広い場所で走る部活生にも使いやすいです!

ある程度走れる選手であれば、1km4分台のペース走とかでガンガン履けるスペックがあります。

筆者的にウォーミングアップで、かなり使えるなーという感触があります。

ウォーミングアップのジョギングのときに、1km6分くらいからテンポ良くペースを上げていけるからです。

スピードが出しやすいとはいえ、短距離選手が使うにはクッション性がありすぎと感じました。

あくまでも長距離選手のトレーニング用シューズというポジションにありますね。

フルマラソンでも使える

エボライドスピード2はアスファルトなどの硬い路面と相性がかなり良いシューズになっています。そのため、フルマラソンだけでなく、50kmを超えるウルトラマラソンにも使いやすいシューズになっています。

首都圏だけでなく地方で行われるマラソン・ウルトラマラソンは、ほとんどがアスファルト・コンクリートの上でレースが開催されます。

サブ3などそこまで速いペースでは走らない、またはカーボンプレートは苦手という人にとって、エボライドスピード2はコスパの良いレースシューズになってきます!

約226g(27.0cm)で軽量なため、フルマラソンで30kmを過ぎてからでもシューズの重さを感じにくいです。

ホールド感が強いシューズですので、靴擦れや足のグラつきの心配もなくフルマラソンを走れます!

スピードが出せるアシックスの「マジックスピード3」が、約220g(27.0cm)です。

ですので、重さだけで言うとマジックスピード3とエボライドスピード2は同じになります。

マジックスピード3とエボライドスピード2の違いと言われると、カーボンプレートが入っているかどうかの違いだけになりますね。

フルマラソンのターゲットタイムとして、サブ4を狙えるポテンシャルは十分にあります。1km5分切りで走るには高い走力が必要ですが、1km5分~5分30秒のペースであれば出しやすいです。

カーボンプレートなしでサブ3.5~4を狙いたい人にとっては、ドンピシャなシューズになっています。

カーボンの反発が苦手な人や反発のあるシューズにチャレンジしたい人には、マラソンにエボライドスピード2がオススメですよ!

まとめ

エボライドスピード2の特徴
  • 前作よりもホールド感が向上し、使いやすさと耐久性が高くなった。
  • 自分で蹴る感覚がありつつも、十分なクッション性がある。
  • コンクリートやアスファルトでも、ジョギングがしやすい!

軽くてスピードが出しやすいジョギングシューズです。

フルマラソン・ウルトラマラソンも狙いつつ、日々のジョギングシューズとして使ってみてください!

Amazon・楽天から購入可能です。

レディースのサイズ展開もあります。

スポーツゼビオやアルペンからでも購入できます。

\ 送料無料です! /

おわりです^^

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このブログを運営している人

ランニングが身体の一部になっている「みかづき(筆者)」です。

市民ランナーとして普段は走っており、記事の中で出てくる「筆者」として記事を制作しています。このメディアを通して、少しでもランニングに関する悩みを解決したいと思っております。

コメント

コメントする

目次