【デサント】gentenシリーズ3種類の特徴をレビュー

こんにちは、みかづきです^^

今回は「ランニングシューズの”genten”」について解説します。

いきなりですが、genten(ゲンテン)について次のような悩みはありませんか?

genten(ゲンテン)の悩み
  • デサントのgentenはどんなシューズ?
  • gentenの特徴や走り方が知りたい!
  • どのgentenの薄底シューズを履けば良い?

この記事を読むことで、上記のような悩みを解決します!

それでは、10年以上ランニングを続けている筆者が、gentenについて解説します。

目次

デサントで販売される”genten”

gentenとは、靴底が薄いシューズ「薄底シューズ」として人気の高いランニングシューズになります。

gentenのランニングシューズには、以下の特徴があります。

genten(ゲンテン)の特徴
  • 安定感があるため、脚力の小さい部活生や女性の方でも走りやすい。
  • メッシュ生地など軽量な素材で構成され、フィット感も高い。
  • カーボンプレート入りのシューズもあるため、マラソンなどレースシューズとしても使える。

1つずつ、深掘りします。

1.安定感があり走りやすい

gentenは無駄なクッション材や補強材がない分だけ、シンプルで安定感が高いシューズになっています。

クッション性の高いシューズでは、クッションがあることによって着地のときに足がブレることが頻繁に起きます。

そのため、筆者は足首を痛めてしまうことや関節部分に疲労が残るときがありました。

しかし、gentenのような薄底シューズでは靴底が薄い分だけ、着地のときに足のブレがありません。

足の自然な動きのみで着地から蹴り出しができるので、安定感のある着地があります。

2.軽量でフィット感が高い

gentenのシューズは、他のシューズと比較しても非常に軽いのが特徴です。

通気性の良いメッシュ素材が使われているので、蒸れにくいだけでなく軽量化にも繋がっています。

つま先の部分の足当たりが非常に良く、つま先が当たってもストレスを感じにくくなっていました。

ランニングシューズを履いていると、疲労で足が浮腫むこともあると思います。

そのような足のサイズ感の違いにも、gentenは対応できています。

ですので、女性の方や育ち盛りの部活生にもオススメできるシューズになっているのです。

3.カーボンプレート入りもある

gentenには、カーボンプレート入りのシューズもあります。

カーボンプレートは、厚底シューズだけじゃないの?

gentenの薄底シューズにもカーボンプレート入りがあります。

薄底シューズにカーボンプレートがあると、地面からの反発が直接カーボンプレートに伝わります

そのため、厚底シューズに負けない走りをすることができます。

また、gentenには「グラフェン」という素材をアウトソールラバーに採用し、地面への着地・蹴り出しが良くなっています。

ノーベル物理学賞を受賞した「グラフェン」を配合したGRAPHENE RUBBER(※)を採用。地面をしっかり掴み、次の蹴り出しがしやすくなる形状、配置を研究開発。

引用:descente.co.jp

薄底シューズだからといって、厚底シューズよりも性能が劣ることは決してありません。

ぜひ、本来の走り方ができるgentenを使ってみてください!

gentenシリーズ3選

gentenのランニングシューズは、全部で3種類あります。

  • GENTEN-EL+
  • GENTEN- RC+
  • GENTEN-ST

簡単に、上記の3つのシューズを比較してみました↓

スクロールできます
GENTEN-STGENTEN-RC+GENTEN-EL+
使う場面普段の練習レース・
ポイント練習
レース・
ポイント練習
重量(27.0cm)約220g約210g約188g
定価(税込)¥13,200円¥15,400円¥17,600円
グラフェン
カーボンプレート
靴底の厚さ25mm以内20mm以内20mm以内

靴底のアウトソールラバーに、高反発素材グラフェンが入っているのは「GENTEN-RC+」と「GENTEN-EL+」です。

また、カーボンプレートが入っているのは、GENTEN-EL+のみになります。

1つずつ、使う場面や特徴をまとめます。

GENTEN-ST

GENTEN-STは、反発素材やクッション性がない1番シンプルな薄底シューズです。

スピード練習に使うというよりは、ウォーキングをする人や走る機会が少ない人にオススメのシューズになっています。

そのため、ジョギングや陸上競技を頑張っている人にとっては、物足りなくなるシューズです。

※シューズの厚底規定の20mm以内ではありません。
2024年11月以降、大会によっては使えなくなります。

GENTEN-RC+

GENTEN-RC+は、前作「GENTEN-RC」からの新作となっています。

薄底シューズにもかかわらず、高反発素材によって足への負担を減らしつつ地足で走れる特徴があります。

靴底の厚さが20mm以内のため、中長距離のトラックレースでは全種目に使うことがあります。

安定感と反発性のバランスが良いため、1足でジョギングからトラックレース・マラソンまで行うことができます。

そのため、部活生やランニングシューズを1足だけにしたい社会人の方に特にオススメです!

GENTEN-EL+

GENTEN-EL+は、前作「GENTEN-EL」からの新作であり、gentenシリーズの中でトップレベルのモデルになります。

唯一カーボンプレートが入っており、さらに200g以内という驚異的な軽さを誇っています。

そのため、反発性が高いだけなく軽くて走りやすいのが特徴です

使う場面としては、レース本番やインターバル走などスピードが求められるときに使います。

トラックレースや短距離選手など、スピードを出せる薄底シューズが欲しい人に特にオススメです!

まとめ

スクロールできます
GENTEN-STGENTEN-RC+GENTEN-EL+
使う場面普段の練習レース・
ポイント練習
レース・
ポイント練習
重量(27.0cm)約220g約210g約188g
定価(税込)¥13,200円¥15,400円¥17,600円
グラフェン
カーボンプレート
靴底の厚さ25mm以内20mm以内20mm以内

トラックレースでスピードを出すならGENTEN-EL+、程よい安定感と反発性でマラソンを走るならGENTEN-RC+がオススメです。

  • トラックレース→GENTEN-EL+
  • マラソン→GENTEN-RC+

ぜひ、選ぶときのご参考にしてみてください。

おわりです^^

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このブログを運営している人

ランニングが身体の一部になっている「みかづき(筆者)」です。

市民ランナーとして普段は走っており、記事の中で出てくる「筆者」として記事を制作しています。このメディアを通して、少しでもランニングに関する悩みを解決したいと思っております。

目次