【アディダス】アディゼロタクミセン9 レビュー|ハーフ・マラソンで!

こんにちは、みかづきです。

今回は、2022年12月15日から発売されたアディダスの「ADIZERO TAKUMI SEN 9」について紹介します。

前作のタクミセン8からは、アッパー(シューズ上部)のみのアップデート。見た目はあまり変わっていません。

それだけ、前作が良かったということですね^^

では、アディオスプロ3やヴェイパーフライ3など、他のシューズとの比較も踏まえつつ説明します。

目次

アディオスプロ3との比較

反発性・クッション性はアディオスプロ3よりも低い
→その分、走力の低い人でも履きやすい厚底シューズ

ヴェイパーフライ3やアディオスプロ3と比べて反発感・クッション性が落ちるため、幅広い市民ランナー・学生の方に履きやすいレースシューズになっています。

また、ヴェイパーフライ3やアディオスプロ3をレースシューズとしている人は、タクミセン9をポイント練などで使うのがオススメ。

厚底カーボンシューズでロードレースを走り方には、ちょうど良いランニングシューズ!

アディオスプロ3に関する詳しい説明は、下の記事で詳しく説明しています。

シューズの特徴

出典:shop.adidas.jp
  • テキスタイルアッパー
  • Lightstrike Proクッショニング
  • ランニング時のエネルギーロスを低減するENERGYRODSを搭載
  • グラスファイバー素材を用いた5本骨状バーが反発力をサポート
  • 重量:180 g(27 cm片足重量)
  • ミッドソールドロップ:6 mm(ヒール:33 mm / 前足部:27 mm)
  • Continental™ラバーアウトソール
出典:shop.adidas.jp

タクミセン9は、地足が鍛えられる程よい中底シューズです。

練習からレースまで使えるのに加え、市民ランナーでも履きこなせる反発感・クッション性になっています。

アッパー(シューズ上部)

  • アッパーの素材のみアップデート→前作が良かったという証拠
  • 素材が大きくアップデート→ニットぽい素材へ

アッパーが軽量化された素材に変更。前作はかかとの部分が弱く、耐久性にも不安があったところが改善。

これによって、シューズ全体の重さも前作よりも軽くなりました。

重さは約180gになり、5gほど軽くなりました。

この数グラムの軽量化が、ヴェイパーフライ3のようなレースシューズに近づいたと感じました。

生地が薄くなって、フィット感がなくなったのでは?

大丈夫です。

つま先部分に補強材が加えられ、耐久性・フィット感ともに良くなっています。

ミッドソール

  • ライトストライクプロが全面に採用されている→弾力が大きく感じる
  • かかと部分のナイロンプレート→耐久性・安定性がアップ

ライトストライクプロがシューズ全面に使われているため、踏み込んだときの弾力が大きく感じられます。

シューズの耐久性

また、かかとに補強材のような役割であるカーボン配合ナイロンプレートが入っています。このため、シューズからの反発によるブレを防止。

補強材があることによって、シューズの型崩れ・すり減りが最小限になるようになっています。

結果として、タクミセン9は前作よりも寿命が長くなっています。

アウトソール

軽量性ラバーでシューズの軽量化をサポート。

そのため、アシックスの「ターサーrp3」や「ライトレーサー」に比べると、グリップ力は落ちていると思います。

しかし、路面が濡れていても滑るということは無かったです。そこは安心して大丈夫です。

ターサーrp3についての詳細はこちら↓

サイズ感

サイズ感は前作と同じ感じでOK。

アディダスのスパイクを履いている人は、ワンサイズ大きめor同じサイズで履くのがベストです

最近のアディダスの厚底シューズは、少しゆったりとしたサイズ感に。特に、つま先部分がゆったりとした感じがあります。

アディダスは、ナイキやアシックスより比較的大きいサイズ感ですので、サイズは普段のランニングシューズと同じで問題なく履けました。

使う場面

  • 3kmからハーフマラソン・フルマラソン、駅伝まで使える。
  • スピードを出して走りたい時に。
  • ペース走、インターバル走で使う。

軽量なモデルより、ハーフマラソン・フルマラソンで使うことができます。

市民ランナーの方であれば、タクミセン9を1足持っているだけで全てのロードレースに出られるほど万能シューズです。

速いペース走やロングインターバルといったポイント練習として、タクミセン9を使っているランナーも多いです。

ボストン12などの重いシューズや厚みのあるシューズよりも、軽量で安定感のあるシューズの方がマラソンで使いやすいからです。

タクミセン8とは違い、タクミセン9は短距離選手も履きやすくなった

厚底シューズによくあるロッカー構造とは違い、地面への接地がフラットなつくりに。

かかとの部分がカーボンプレートが入っていることも踏まえると、タクミセン9は短距離選手でも履きやすいモデルになりました。

中底シューズより、一般的な厚底シューズと比べると地面の接地感が感じられますよ!

まとめ

タクミセン9の特徴
  • 反発性がアディオスプロ3より低いため、走力の低い人でも履きやすい。
  • ポイント練習だけでなく、フルマラソンでも使える!
  • タクミセン9は短距離選手でも履きやすいモデルに!

タクミセン9を最安値で買うには、Amazonや楽天、ゼビオなどのネットショップでのセールを狙うのがオススメです。

ぜひ、チェックしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このブログを運営している人

ランニングが身体の一部になっている「みかづき(筆者)」です。

市民ランナーとして普段は走っており、記事の中で出てくる「筆者」として記事を制作しています。このメディアを通して、少しでもランニングに関する悩みを解決したいと思っております。

目次