ランニングフォームを改善してランニングエコノミーを高める!

こんにちは、みかづきです^^

今回は「ランニングエコノミー」について解説します。

いきなりですが、ランニングエコノミーに関して次のような悩みはありませんか?

ランニングエコノミーの悩み
  • 初心者でも疲れにくい走り方をするためには?
  • 効率の良いランニングフォームで走りたい。
  • ランニングエコノミーを改善するコツが知りたい。

この記事を読むことで、上記のような悩みを解決します!

それでは、10年以上ランニングを続けている筆者が、ランニングエコノミーについて解説します。

目次

ランニングエコノミーは走りの効率性

ランニングエコノミーとは、パフォーマンスに大きな影響を及ぼす走りの効率性のことを言います。

ランニングエコノミーを決める大きな要因となるのが、ランニングフォームです。

ランニングは道具を使わず走るだけのシンプルな競技です。

そのため、身体の動き方や力の加え方・受け方で大きくランニングエコノミーが変わってきます。

イメージすると分かりやすいですが、日本のトップランナーのランニングフォームを見ると、とてもキレイで速そうですよね。

東京オリンピックのマラソンで、6位に入賞した大迫 傑 選手のフォームを見てもらえると分かりやすいです。

>>大迫 傑 選手のジョギングはこちら

もちろん、大迫 選手のレベルまでランニングフォームを改善する必要はありません。

ランニングフォームを改善できればできるほど、ランニングエコノミーを高められるということです。

ですので、ランニングフォームを改善してランニングエコノミーを良くすると、疲れにくい走りができるようになるのです。

ランニングフォームを改善するメリット

ランニングフォームを改善することで、ランニングエコノミーが良くなり疲れにくい走りができます。

ランニングエコノミーが良くなることで、具体的に次の2つのメリットがあります。

  • 酸素の消費量を抑えられる
  • 燃費の良い走りができる

1つずつ、深掘りします。

酸素の消費量を抑えられる

ランナーは走るエネルギーを生み出すために、糖質や脂肪の分解を行います。

この過程で、肺に取り込まれた酸素を使います。

よって、多くのエネルギーを使おうとするほど、多くの酸素が必要になります。

エネルギーを多く消費するランナーは、エネルギー消費が少量のランナーに比べて多くの酸素が必要になります。

そのため、ランニングエコノミーに優れている方が、少ない酸素量でたくさん走ることができます

燃費の良い走りができる

ランニングエコノミーは、自動車に例えると分かりやすいです。

燃費の良い自動車と、燃費の悪い自動車があるとします。

同じガソリンの量を入れても、燃費の良い自動車の方がより長く走ることができますよね。

燃費が優れているというのは、ランナーに置き換えるとランニングエコノミーが優れていること。

ガソリンは、酸素に置き換えられますね。

  • 自動車→ランナー
  • 燃費→ランニングエコノミー
  • ガソリン→酸素

よって、ランニングエコノミーが優れているほうが、燃費の良い走りができるということです。

ランニングフォームの改善方法

ランニングエコノミーの優れたランニングフォームは、次の5つのポイントを意識してみましょう。

  • 1.やや前傾姿勢で走る
  • 2.膝の伸びを抑える
  • 3.着地は踏み出しすぎない
  • 4.上半身を回転しすぎない
  • 5.垂直方向に跳ねない

1つずつ、説明します。

1.やや前傾姿勢で走る

少し前傾姿勢になることで、推進力を生じさせやすくなります。

制動力が最小限に抑えられ、エネルギー消費を少なくすることができるからです。

2.膝の伸びを抑える

走っているときに、前脚の膝が伸びないようにするのがポイントです。

膝が伸びていると、着地をするときに大きな抵抗力を受けることになります。

そのため、その抵抗力を上回る大きなエネルギーを消費してからでないと、推進力を生むことができなくなります。

ですので、膝が伸びないように走ることが重要になります。

3.着地は踏み出しすぎない

着地は、上半身の少し前付近で行うことがポイントです。

身体よりも大きく前の方に着地をしてしまうと、ブレーキがかかってしまうためその分身体に負担がかかります。

その負担に耐えて前に進もうとすると、無駄なエネルギーを多く消費することになります。

ですので、着地は身体の真下でするイメージで走ることで、上半身の少し前で着地ができるようになります。

4.上半身を回転しすぎない

過度な上半身の回転は、エネルギーの浪費になりますし、身体のブレが大きくなって効率良く前に進むのが難しくなります。

また、身体の回転、すなわち”うねり”がないと、リズムよく走ることができずに硬いランニングフォームになってしまいます。

そのため、少しうねりが生じるように上半身を回転させるのがポイントです。

5.垂直方向に跳ねない

垂直方向の移動は、前進運動の妨げになってしまいます。

リラックスして余分な力を加えて走らないことで、垂直方向の移動を最低限に抑えることができます。

まとめ

ランニングフォームを改善できればできるほど、ランニングエコノミーを高められます。

そのため、ランニングフォームを改善してランニングエコノミーを良くすると、疲れにくい走りができるようになるのです。

1回や2回走ったくらいでは、ランニングフォームを改善するのは難しいと思います。

しかし、普段のジョギングで常々意識することで、少しずつ変化が見られます。

少しずつ、時間をかけてランニングエコノミーを改善していきましょう!

ランニングエコノミーを改善する際は自分に合ったシューズを履くのがオススメです。

底が過度にすり減ったシューズですと、着地の度に少し身体の偏りが出てしまいます。

この機会にぜひ、自分に合うシューズを選んでみてください。

おわりです^^

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このブログを運営している人

ランニングが身体の一部になっている「みかづき(筆者)」です。

市民ランナーとして普段は走っており、記事の中で出てくる「筆者」として記事を制作しています。このメディアを通して、少しでもランニングに関する悩みを解決したいと思っております。

目次