【ニューバランス】フレッシュフォームX 1080 v12レビュー!

2022年から発売されたニューバランスの「FRESH FOAM 1080 v12(フレッシュフォームX 1080 v12)」

以下のような方に、特にオススメになっています。

こんな方に特にオススメ!
  • クッション性が高いランニングシューズが欲しい方
  • ワイド感があるランニングシューズが欲しい方
  • ニューバランスのランニングシューズに挑戦してみたい方

今回は元陸上部だった筆者が、フレッシュフォームX 1080 v12について前作との比較しながら解説していきます。

目次

シューズの特徴

メリット
  • ワイド感のあるランニングシューズが欲しい方でも履ける。
  • 走っているときの安定感を重視できる。
  • フカフカすぎないクッション性を求めている方に使いやすい。
デメリット
  • 重さがあるため、フルマラソンやロングジョグでは重さが気になり使いづらい。

前作よりもしっかりとしたモデル

出典:shop.newbalance.jp

今作のフレッシュフォームX 1080 v12は、ハイポニットアッパーというニット素材が使われているため、足によりフィットしやすくなったランニングシューズです。

前作よりも厚手の素材になっていることから、足へのフィット感が強いランニングシューズが欲しい方にオススメです!

この素材はかかと周りまで使われているため、前作と比べてかかとの部分がよりしっかりと強くなっていました

その分だけ重量も増えてしまいましたが、普段のジョギングシューズとして使う分には問題ない範囲です。

クッション性が高いランニングシューズになると、アディダスの「タクミセン8」やナイキの「ペガサス40」のように、かかと周りが柔らかいシューズや固定感がないシューズもあります。

かかとがしっかりとしていることで、走っているときの安定感も増しますので、フレッシュフォームX 1080 v12は初心者の方にもオススメしたい1足になります。

ペガサス40のクッション性については、こちらの記事で詳しく解説しています↓

ニューバランスのランニングシューズはワイド感がある

フレッシュフォームX 1080 v12は、比較的足の幅が広いつくりになっています

ですので、足の幅が広い方や日本人に多い足の甲が高い方でも履きやすいランニングシューズになっています。

普段からワイドサイズを履いている方はそのシューズと同じサイズ、足が細く小さい方は、ワンサイズ下げて履くでも良いと思います。

ジョギングで使う分には、少し大きめでゆったりしている方が履きやすいので、基本的には普段のランニングシューズと同じサイズ感で問題でしょう。

ニューバランスのランニングシューズは、足の幅が広めに作られている傾向があります。ですので、ワイド感があるランニングシューズをお求めの方は、ニューバランスでシューズを揃えるのがオススメです!

ゴムのようにしなるクッションが特徴

出典:shop.newbalance.jp

フレッシュフォームXというクッション素材が使われています。このクッションは、ふわふわというよりも少し弾むような感覚があり、少しだけゴムの弾力の要素があるクッション性が特徴です。

クッションと聞くとスポンジのような柔らかいイメージがあると思いますが、フレッシュフォームX 1080 v12では少しだけゴムのような弾力がありました。

よって、着地したときに足が沈み込むことが無く、蹴り出して走ることができます

しかし、ゴムに近いクッション性であったとしてもジョギングシューズなので、反発をもらってスピードを出すのは少しキツいと感じました。

もっと固いクッションが良いという方は、アシックスのマジックスピード2という厚底シューズを履くことがオススメです。反発材としてカーボンプレートが入っており、固くて蹴り出しやすいクッションが特徴です!

ゴムのようなクッションにより耐久性が高い

少し弾力のあるクッションですので、耐久性としては割と高めになっています。

ナイキの「ペガサス40」のような柔らかいクッションだと、使い古してくるとクッションの部分が削れたり、ちぎれたりしてしまいます。しかし、フレッシュフォームX 1080 v12では、クッションが大きく削れることがありません。

また、伸縮性が高いことからすぐに穴が空いてしまう、ちぎれるという心配もほとんどありません。

耐久性の高いジョギングシューズが欲しい方は、ぜひ履いてみてください!

【体験談】1km5分ペースで走ることは可能

ゆっくり~キロ5分ペースまでなら問題なく使えるランニングシューズになっています。

筆者は1km5分ペースでジョグをするとき用でフレッシュフォームX 1080 v12を使っています。個人的に、この1km5分ペースで走るときに使うのが1番しっくり来るからです。

ただ、フレッシュフォームX 1080 v12の重量が約270 gですので、マラソンやロングジョグで使うと、重さが気になってくると思います。

マラソンでは、疲れていても足を上げられるように、できるだけ軽いランニングシューズを使うのがオススメしています。

まとめ

メリット
  • ワイド感のあるランニングシューズが欲しい方でも履ける。
  • 走っているときの安定感を重視できる。
  • フカフカすぎないクッション性を求めている方に使いやすい。

Amazonや楽天などではセール品として買うことができますので、よりお安く入手できます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このブログを運営している人

ランニングが身体の一部になっている「みかづき(筆者)」です。

市民ランナーとして普段は走っており、記事の中で出てくる「筆者」として記事を制作しています。このメディアを通して、少しでもランニングに関する悩みを解決したいと思っております。

目次