【ニューバランス】Fresh Foam X 1080 v13レビュー

こんにちは、みかづきです^^

今回はnew balance「Fresh Foam X 1080 v13(フレッシュフォームX 1080 v13)」のレビュー記事です。

Fresh Foam X 1080 v13は、2023年10月13日から発売されたジョギングシューズです。

ニューバランスの中でもクッション性が高い「Fresh Foam X 1080シリーズ」の13代目になります。

Fresh Foam X 1080 v13は見た目からも分かる高いクッション性が特徴的で、加えて走りやすくするためにたくさんの工夫がされています。

それでは10年以上ランニングを続けている筆者が、前作と比較しながら解説します。

目次

Fresh Foam X 1080 v13の特徴

ボストン12
アッパーエンジニアードメッシュ
ミッドソールFRESH FOAM X
アウトソールゴム底
重量(27.0cm)約262g
定価(税込)¥18,700円

Fresh Foam X 1080 v13の特徴をまとめてみました。

Fresh Foam X 1080 v13
  • 肉厚で通気性の良い素材が使われており、長時間走っても疲れにくい。
  • ロッカー構造になったクッションで、走りやすさと耐久性も高い。
  • 地面との接地面積が高く、安定感が感じられる。

Fresh Foam X 1080 v12と比較

前作よりもより柔らかさが増え、軽くなったのが1番の変更点になっています。

ニット素材からメッシュ素材に変更し、ソールのFRESH FOAM Xも軽量化されました。

そのためFresh Foam X 1080 v13は、ジョギングシューズの中でも比較的軽い分類に位置します。

前作よりも、フカフカした素材感とクッション性が特徴的です!

肉厚で通気性の良い素材

シューズの表面の素材には、肉厚で通気性の良い素材が使われています。

かかとも厚くてホールド感もあるため、フィット感は申し分ないスペックです。

ゲルカヤノ30やGT-2000 12などのアシックスのシューズよりも、より柔らかさを感じられる素材になっています。

そのため、よりソフトな足当たりの良いシューズが欲しい人にもオススメです!

>>アシックス「GT-2000 12」のレビュー記事はこちら

耐久性と軽量性アップのクッション

クッション素材には、新しいFresh Foam Xが使われています。

簡単にまとめると、反発性を上げて軽量な素材に生まれ変わりました。

ただ反発性が上がったのではなく耐久性も向上し、ロッカー構造になって走りやすくなりました。

ロッカー構造とは、かかとからつま先までが船形の形状をして転がるように走れる形状。

クッション性が高すぎると、逆に走りづらいと感じる人もいると思います。

ナイキのインビジブルラン3はクッション性が高く良いのですが、人によっては走りづらいと思います。

そのようなクッション性があると走りづらい人でも、Fresh Foam X 1080 v13は扱いやすいシューズです。

>>ナイキ「インビジブルラン3」のレビュー記事はこちら

地面との接地面積が広い

接地面積が広い設計になっているため、走っているときの安定性が高いのも特徴です。

クッション性が高いシューズは、グラつきやすいため安定感が少なくなりがちです。

ナイキのヴェイパーフライ3などのレースシューズは、クッション性・反発性が高い分だけ安定性は低くなってしまいます。

しかし、Fresh Foam X 1080 v13では接地面積を広くすることで、しっかりと安定性をカバーしてくれます

前作も割と広めの接地面積でしたが、今作はより全面的に広くなっています。

そのため、安定感があって履きやすいシューズが欲しい人にもオススメです!

>>ナイキ「ヴェイパーフライ3」のレビュー記事はこちら

サイズ感

いつも履いているランニングシューズと同じサイズ感で大丈夫です。

前作よりは少しだけ小さくなった印象がありましたが、前作が元々少し大きかったです。今作が普通のサイズ感に戻った感じですね。

ですので、普段履いているランニングシューズと同じサイズ感で問題ありません。

また、Fresh Foam X 1080 v13はワイド、エクストラワイドの大きいサイズ展開があります。

メンズレディース
普通DB
ワイド2ED
エクストラワイド4E2E

筆者は普段、「GT-2000 12 ワイド」や「ゲルコンテンド7 エクストラワイド(4E)」の27.5cmを履います。

Fresh Foam X 1080 v13は、ワイド(2E)の27.5cmで履けました。

基本的に足幅の広い人はワイドサイズ、一般的な人は普通のサイズで問題ありません。

いつもと同じサイズ感を選んで大丈夫です!

\ Fresh Foam X 1080 v13 /

使う場面

Fresh Foam X 1080 v13を使う場面は、以下のようになります。

  • フルマラソンなら完走~サブ4.5
  • 普段のジョギング
  • リカバリージョグ用で

ハーフやフルマラソンで使うのであれば、完走~サブ4.5を狙う人にオススメです。

Fresh Foam X 1080 v13を履いて走ると1km6分~7分くらいを気持ち良く出すことができます。

そのため、1km6分~7分くらいでマラソンに挑戦したい人(サブ4.5~5)でも使いやすい1足です!

初心者のフルマラソン用シューズに!

部活生や普段から頻繁にジョギングをしている人にとっては、リカバリージョグ用でオススメです。

ポイント練習やレースの翌日のジョグなど、疲労がたまっている中でのジョグで使いやすくなっています。

リカバリーシューズとして使える!

クッション性に優れていますが、アシックス「ノヴァブラスト4」やアディダス「ボストン12」に比べると反発性は低いです。

そのため、ペース走などで使うには少し難しいので、ジョギングシューズ専用で使うのがベストです!

>>アディダス「ボストン12」のレビュー記事はこちら

まとめ

Fresh Foam X 1080 v13
  • 肉厚で通気性の良い素材が使われており、長時間走っても疲れにくい。
  • ロッカー構造になったクッションで、走りやすさと耐久性も高い。
  • 地面との接地面積が高く、安定感が感じられる。

柔らかいクッションで走れるので、毎日のランニングが楽しくなります。

普段のジョギングシューズとして、快適なランニングを楽しんでみてください!

\ 送料無料です! /

Fresh Foam X 1080 v13はセールの多いゼビオで買うとオトクです↑

Amazon・楽天からでも購入することができます。

おわりです^^

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このブログを運営している人

ランニングが身体の一部になっている「みかづき(筆者)」です。

市民ランナーとして普段は走っており、記事の中で出てくる「筆者」として記事を制作しています。このメディアを通して、少しでもランニングに関する悩みを解決したいと思っております。

目次