【ニューバランス】フューエルセルプロペルv4 レビュー|重さは気にならない

こんにちは、みかづきです^^

今回は「FuelCell Propel v4(フューエルセルプロペルv4)のレビュー記事です。

2023年3月10日に一般販売された、初心者の方でも履きやすい厚底カーボンシューズになります。

厚底カーボンシューズですが強い反発性・クッション性がなく、普段のジョギングに使いやすいトレーニングシューズになります。

それでは、10年以上ランニングを続けている筆者が、FuelCell Propel v4について紹介します!

目次

FuelCell Propel v4の特徴

FuelCell Propel v4
アッパーメッシュ素材
ミッドソールFuelCell
(TPUプレート内蔵)
アウトソールラバー素材
重量
(27.0cm)
約275g
値段(税込)¥12,100円

反発性の高いFuelCellに、カーボンプレートよりも柔らかいTPUプレートが内蔵しています。

カーボンプレートと比較してかなり反発性が弱いので、踏み込む力加減でシューズの反発性をコントロールできます!

またミッドソール(FuelCell)の真ん中に空洞があり、エネルギーリターンの向上とシューズの柔軟性を向上してくれます。

空洞がありますが、走っているときは空洞があることが分からないくらい接地がしやすいです!

アッパーは薄くて柔らかい

FuelCell Propel v4のアッパー(シューズの表面部分)は、薄くて柔らかい素材感になっています。

強い圧迫感が感じられず、素材の締め付ける強さがほとんどありません。

そのため、シューズのひもを強く締め付けて結んでも全然痛くありませんでした

デメリットとしてはフィット感がとても弱く、かかとが抜けるような感覚が少しありました。

しかし、フィット感が強すぎないことで、足へのストレスを減らしてゆったりと走ることができます。

ジョギングするときに、足下がゆったりしたシューズが履きたい人に特にオススメです!

強すぎないカーボンとクッション

マジックスピード3やズームフライ5など、他の厚底カーボンシューズと比較しても強い反発性がほとんどありません。

そのため、普段のジョギング用シューズとして使いやすいというメリットがあります。

硬くしたスポンジみたいな、そんな感じのクッションになっていますね。

踏み込んだときにクッションが伸縮している感覚はなく、すぐに反発をもらえるようになっています。

クッションの沈み込みや反発が強くないので、ランニング初心者の人や初めて厚底カーボンシューズを履く人にも使いやすいです。

近年は厚底シューズが増えて、どれを履いたら良いか分からないという人も多いと思います。

FuelCell Propel v4はシューズの反発が強くなく、値段も比較的お手頃ですので、手の出しやすい分類になると思います。

初心者の方に使いやすい厚底カーボンシューズ!

スピード・耐久性について

フィット感が弱くしっかりとした分厚いクッションがあるので、スピードは出しにくい仕様になっています。

そのため、短距離選手やキロ4分以上のペースでジョギングをする人には、少し扱いづらいと感じました。

ただ厚みのある硬度の高いクッションですので、耐久性については高い分類に入ります。

大きめにつくられている分、小指が当たってシューズが破けるという心配もなさそうですね。

アウトソールには、全面的にラバーが配置されているので対摩擦の対策もバッチリです!

重さは気にならない

27.0cmで約275gですが、全然そんなに重いと感じませんでした。

むしろ軽い厚底カーボンシューズだなという印象で、普段履きとして使っていても重いと感じることはなかったです。

ですので、ジョギングもそうですが、シンプルにウォーキングやウォーミングアップでも使いやすい1足になるとおもいます。

筆者は大会の移動やリカバリージョギングのときに重宝しています。

軽くてクッションのあるシューズですので、サクッと履けて使いやすいシューズだなと感じています。

FuelCell Rebel v4と比較

FuelCell Rebel v4とFuelCell Propel v4の違いは、次のようになります。

スクロールできます
FuelCell Revel v4FuelCell Propel v4
アッパーエンジニアードメッシュメッシュ素材
ミッドソール「FuelCell」
「Pebax」
FuelCell
(TPUプレート内蔵)
アウトソール「ソリッドラバー」
「N DURANCE」
ラバー素材
重量
(27.0cm)
約210g約275g
値段(税込)¥16,500円¥12,100円

FuelCell Propel v4は硬めのクッション性に対して、FuelCell Rebel v4は体重をかけると沈み込む柔らかいクッション性になっています。

また、FuelCell Rebel v4の方が地面を蹴る感覚が強く、その分だけスピードも出しやすくなっています。

ですので、短距離選手などスピードを出したい人にとっては、FuelCell Rebel v4の方が履きやすいと感じると思います。

市民ランナーの方やジョギングメインで使いたい人は、FuelCell Propel v4の方が使いやすくなっていますね。

\ スポーツゼビオへ /

サイズ感

FuelCell Propel v4は、ワンサイズ下げて購入するのがオススメです。

特に縦に少し長いつくりになっており、シューズ全体としても少し大きめの仕様になっていると感じました。

筆者はマイサイズの27.5cm(2E)を購入しましたが、少し大きく感じました。

シューズの幅は2種類あり、メンズの場合はDと2Eの2種類あります。(レディースは、BとDの2種類)

購入サイトには、Dがやや狭いサイズで2Eが標準と書いてありますが、サイズ感としてはDが標準で2Eがワイドサイズになります。

先ほどご説明した通り、フィット感が弱めになっているので余計に大きく感じてしまうのかもしれません。

大きめに感じるものの足の甲の部分は高いと感じなかったため、足の甲が比較的高い人は普段通りのサイズが良いと思います。

ジョギングをメインにFuelCell Propel v4を使うのであれば、サイズ感が少し大きい方がストレスなく履けます。

ゆったりとストレスなくシューズを履きたい人にオススメ!

フルマラソン完走~サブ5にオススメ

FuelCell Propel v4は、フルマラソン完走からサブ5を目指す人にオススメのシューズになります。

厚底カーボンシューズですが、正直ほとんどカーボンの硬さや反発性が感じられません。

しかし、FuelCellという優れた反発材が使われていることもあり、クッションの硬度が高くなっています。

足に力を加えた分だけ強い反発がもらえるので、メンズ・レディース、走力問わずにその人に合うシューズの反発を受けることができます!

まとめ

FuelCell Propel v4の特徴
  • ゆったりとしたフィット感で、ストレスなく履くことができる。
  • 反発が強くなく、初心者でも履きこなしやすい厚底カーボンシューズ。
  • 硬めのクッションで、マラソン完走~サブ5を目指す方に履きやすいシューズ!

FuelCell Propel v4は、スポーツゼビオなどのオンラインショップからでも購入可能です。

古いカラーだと25%オフで買えたので、ぜひセールを狙ってみてくださいね!

\ スポーツゼビオへ /

Amazon・楽天市場からでも購入可能です。

おわりです^^

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このブログを運営している人

ランニングが身体の一部になっている「みかづき(筆者)」です。

市民ランナーとして普段は走っており、記事の中で出てくる「筆者」として記事を制作しています。このメディアを通して、少しでもランニングに関する悩みを解決したいと思っております。

目次