アディダスのおすすめランニングシューズ7選【長距離・マラソン】

こんにちは、みかづきです^^

今回は「アディダスのおすすめランニングシューズ」について解説します。

長距離やマラソンの練習をするときに、アディダスのランニングシューズを履きたいと考えている人も多いと思います。

この記事では、アディダスのシューズをトレーニングやレベル別で、どのような人にオススメなのかを紹介します!

それでは、10年以上ランニングを続けている筆者が、アディダスのランニングシューズについて解説します。

目次

アディダスのシューズの特徴

アディダスのランニングシューズは、他のシューズと比較して次の特徴があります。

  • 安定性が高い
  • 「LIGHTSTRIKE」
  • 5 本指カーボン

1つずつ、解説します。

安定性が高い

アディダスのランニングシューズは、他のシューズよりも安定性が高い特徴があります。

アディダスのシューズは比較的、横幅が広い使用になっています。

そのため、多くの人の足にフィットしやすいだけでなく、地面との接地面積も多くなります

地面の接地面積が多くなると、走っているときの横ブレが少なくなるため高い安定感が得られるのです。

無駄なエネルギーを使わずに済むだけでなく、怪我のリスクも下げることができます!

「LIGHTSTRIKE」

アディダスは、独自技術である「LIGHTSTRIKE」というクッション技術が使われています。

その技術から「LIGHTSTRIKE EVA」「LIGHTSTRIKE PRO」など、柔らかすぎず硬すぎない絶妙なクッション素材を生み出しています。

LIGHTSTRIKE EVA

圧倒的な軽量性と耐久性、安定性を併せ持ったEVAミッドソール。着地の安定性からスムーズな蹴り出しまで一連のモーションを支える。

LIGHTSTRIKE PRO

クッション性、反発性、弾力性、軽量性など全てをハイレベルで実現した低密度高反発ミッドソール。 十分な軽量性を保ちながら蹴り出し時の爆発的推進力を発揮。

引用:アディダス公式サイト

そのため、初心者の方でも扱いやすい厚底シューズになっています!

5 本指状のカーボンプレート

アディダスの厚底カーボンシューズには、”5本指カーボン”と呼ばれる5本の棒が1つになったカーボンプレートが使われています。

「日本人ランナーを速くする」を開発当初のコンセプトに、フィット性や軽量性を追求されたそうです。

足の指1本1本の力を、シューズに伝えやすくなっています。

足の構造を上手く利用したカーボンプレートになっているので、自分の走力をしっかり活かすことが可能です!

アディダスのシューズ【チャート別】

アディダスのシューズを選ぶときは、使う場面やトレーニング別で変わってきます。

アディダスのシューズをチャート・レベル別に分けてみました。

スクロールできます
アディゼロジャパン8スーパーノヴァライズアディゼロSLボストン12タクミセン10アディオスプロ3アバンチTYO
クッション性
反発性
初心者
重量
(27.0cm)
約215g約277g約240g約252g約200g約215g約160g
定価(税込)¥16,500円¥15,400円 ¥15,400円¥18,700円¥22,000円¥26,400円¥17,600円
特徴短距離や初心者
でも履きやすい
クッション性が良く、
社会人の方に!
ジョギング専用で
使うのがオススメ
ペース走などの
ポイント練習に!
駅伝やハーフマラソンに。
軽くてスピードが出る!
アディダストップレベルの
反発性・クッション性
安定感のある
スパイク
購入サイトへ詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
各製品の比較

1つずつ、深掘りします。

ジョギング・初心者

アディゼロジャパン8

アディゼロジャパン8の特徴
  • ライトストライク2.0により、少し柔らかいクッション性。
  • 薄底シューズよりで、自分の足で蹴り出す感覚が強い。
  • 部活生や短距離選手でも使いやすい。

アディゼロジャパン8は、アディダスの中でも薄底シューズよりでクッションが薄いのが特徴です。

短距離から長距離まで使えるので、中学生や初心者でも履きこなしやすいモデルになっています。

普段のジョギングや部活でのアップシューズなどで使うのがオススメです!

\ 詳細を見る! /

スーパーノヴァライズ

スーパーノヴァライズの特徴
  • 程よい弾力がありクッションが柔らかすぎないので、初心者でも履きやすい。
  • 表面の素材が薄すぎないので、包み込んでくれるフィット感がある。
  • 安定性が高いだけなく、シューズの耐久性にも優れている。

スーパーノヴァライズには、クッション性の高いジョギングシューズになります。

スピードの方は出しにくいですが、その分だけジョギングが安定性してできるというメリットがあります。

アスファルトやコンクリートでも、足へのダメージが少ないのでオススメです!

アディゼロSL

アディゼロSLの特徴
  • かかとのホールド感が強く、安定性と耐久性が高い。
  • 1km4分半~1km5分30秒ペースのジョギングでも走りやすい。
  • ジョギングやウォーミングアップ専用シューズに!

アディゼロSLは、部活生やマラソンに向けて日々ランニングをしている人の、ジョギング専用シューズとして使うのがオススメです。

ウォーミングアップや普段のジョギング専用シューズに!

\ 詳細を見る /

トラックレース

アヴァンチTYO

アバンチ TYOは、足の幅が少し広い作りということもあり、安定感が高いことがポイントです!

レース後半に足が重くなったりブレたりしても、安定感の高さで走りやすさをキープしてくれます。

スピード練習・ロードレース

ボストン12

ボストン12の特徴
  • シューズの柔軟性が増したため、スピード変化がしやすい。
  • メッシュ素材より、たくさんの方の足幅にフィットしやすい。
  • 厚底カーボンシューズを履きたい人にもオススメ。

ボストン12の特徴は、アディゼロジャパン8の反発性・クッション性を強くしたシューズになります。

サブ4~5を狙う人がフルマラソンのレースシューズとしても使えますし、30km走やインターバル走などのポイント練習でも使いやすくなっています。

\ 詳細を見る! /

タクミセン10

タクミセン10の特徴
  • 少し硬めのクッションで、より強い反発を受けやすい。
  • 地面を蹴っている感覚が強く、薄底シューズ走っているようなスピード感を得られる。
  • フルマラソンよりも10kmやハーフマラソンなど、短いレースで使いやすい。

タクミセン10は、反発性の強いスピードシューズになります。

瞬発的なスピードが出しやすいので、駅伝やハーフマラソンで大活躍するシューズです!

「アディオスプロ3」の反発性が強いと感じる人は、タクミセン10を代わりに使うのもオススメです!

アディオスプロ3

アディオスプロ3の特徴
  • 通気性に優れた「NEW SUPERLIGHT MESH」より快適に走れる。
  • 5本骨のカーボン「ENERGY RODS 2」により、強い反発性がある!
  • アディダスの中でもトップレベルの反発性・クッション性!

アディオスプロ3は、アディダスの中でもトップレベルに位置する厚底カーボンシューズになります。

初心者の方だけなく多くの方が、逆に扱いづらいと感じる事もあると思います。

ですので、使いやすいボストン12や、操作性の高いタクミセン10を使うことをオススメします!

>>アディオスプロ3のレビューはこちら

まとめ

スクロールできます
アディゼロジャパン8スーパーノヴァライズアディゼロSLボストン12タクミセン10アディオスプロ3アバンチTYO
クッション性
反発性
初心者
重量
(27.0cm)
約215g約277g約240g約252g約200g約215g約160g
定価(税込)¥16,500円¥15,400円 ¥15,400円¥18,700円¥22,000円¥26,400円¥17,600円
特徴短距離や初心者
でも履きやすい
クッション性が良く、
社会人の方に!
ジョギング専用で
使うのがオススメ
ペース走などの
ポイント練習に!
駅伝やハーフマラソンに。
軽くてスピードが出る!
アディダストップレベルの
反発性・クッション性
安定感のある
スパイク
購入サイトへ詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
各製品の比較

使いたいトレーニングや使用方法で、自分に合ったシューズを見つけてみてください!

おわりです^^

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このブログを運営している人

ランニングが身体の一部になっている「みかづき(筆者)」です。

市民ランナーとして普段は走っており、記事の中で出てくる「筆者」として記事を制作しています。このメディアを通して、少しでもランニングに関する悩みを解決したいと思っております。

目次