【アディダス】アディゼロジャパン8 レビュー|短距離~マラソンに

こんにちは、みかづきです^^

今回は、 2023年6月1日から発売されたadidasのADIZERO JAPAN 8について紹介していきます。

アディゼロジャパンシリーズは、長距離・マラソンランナーだけでなく短距離選手にも人気のあるランニングシューズ。

ボストン12やタクミセン9など、他のランニングシューズとも比較しながら解説していきます。

目次

アディゼロジャパン8の特徴

出典:Amazon.co.jp
  • 通気性に優れた「軽量メッシュアッパー」に変更
  • ライトストライク2.0により、少し柔らかいクッション性
  • ライトストライクプロが、直接先端部分に搭載
  • 足裏のグリップがより広い範囲に使用
  • 重量:約215g(27cm)

前作(アディゼロジャパン7)と比較

アディゼロジャパン7と8の違いを解説します。レディース、メンズ共通です。

アッパー(上部)

前作(アディゼロジャパン7)では、甲の部分の素材が少し硬く感じた人もいると思います。

足の細い人では特に、踏み込んだときにシューズの生地がかさばる感覚があったと思います。

アディゼロジャパン8では、「軽量メッシュアッパー」が使用されたことで少し伸縮性が向上

これによって、甲の部分が硬いと感じることが無くなり、より快適に走ることができるようになったと感じました。

ミッドソール

ライトストライク2.0が採用
→クッション性が少し柔らかくなり、反発性が上がった
→タクミセン9に近い反発感

シューズのクッション部分に「ライトストライク2.0」という素材が採用。

この素材によって、前作よりもクッションが柔らかくなった感じがありました。

少しクッションが柔らかくなったことで、沈み込む感覚が生まれてよりシューズの反発をもらいやすくなっています。

アディゼロジャパンの独特のクッションの硬さが苦手な方にとっては、かなり使いやすいシューズになっています。

つま先部分では、直接「ライトストライクプロ」が使われているため、蹴り出しがしやすい。

アウトソール 

出典:Amazon.co.jp

足裏のグリップが、より広い範囲に使われている
→接地面積が広くなった感覚あり
地面への接地がしやすい

エネルギーロスにもつながる優れたグリップが、中足部(足裏の中央)まで使われています。

雨の日に滑りにくいのはもちろん、余分なエネルギーを使わなくても推進力を生むことができます

結果として、エネルギー効率よく走ることが可能になっています。

軽くて初心者でも扱いやすい

重さは前作と同様。27cmで約215g。練習用のランニングシューズの中では、軽い方に分類します。

クッション性や反発性が高い厚底シューズになると、どうしても重さが気になるという人も多いと思います。

軽量なアディゼロジャパン8はジョギングをしていても重さは全く気にならず、足の回転をズムーズに行うことができます。

そのため、走力に自身がない初心者の人や陸上部に入部したばかりの学生の人でも、扱いやすいランニングシューズになってます。

初心者の人でも扱いやすいランニングシューズ!

アディゼロジャパン8は耐久性が高い

アディゼロジャパン8は、前作よりも耐久性が向上したと言えます。

  • 軽量メッシュアッパーによる、素材の伸縮性
  • 足裏のグリップが、より広い範囲に使用
  • 接地がしやすく、シューズのすり減りが抑えられる

上記の理由は、今まで話した内容をまとめたものです。

これらの要因を踏まえてみると、耐久性が上がっていることが分かるかと思います。

サイズ感

前作と同じサイズ感でした。

筆者はアディオスプロ3の27.5cm、マジックスピード3(3Eサイズ)の27.5cm、ターサーrp3(ワイド)の27.5cmを履いており、アディゼロジャパン8はワイドの27.5cmでした。

筆者のように足の幅が大きい人でもワイドサイズがあるため、アディゼロジャパン8を履くことができます。

軽量性の高い素材が使われていますが十分なフィット感があるため、足が抜けるような感覚はなかったです。

そのため、スピードを出しやすいランニングシューズという感覚がありました。

使う場面

・学生の方にとってはオールマイティーなランニングシューズ
・シューズ1足でしか練習しない人には、アディゼロジャパン8を使う

基本的には、ジョグ(ジョギング)、ペース走、スピード練習どれでも使用することができます。部活で使うには最適。

初心者の方や市民ランナーでも、1足で全ての練習をしたい人であれば特にオススメです。

アディゼロジャパン8は、1足でこなせる万能シューズ!

短距離の人でも使える

軽さ・靴底が薄いといった理由から、アディゼロジャパン8は短距離選手の練習用シューズとして使うことができます。

少し柔らかいので、使いづらいと感じる人もいるが、普段ナイキのズームフライ4やペガサスターボネクストネイチャーを使っている人には特に使いやすいです。

ペガサスターボネクストネイチャーについての詳しいレビューはこちら↓

フルマラソンで使う

軽量なモデルなため、アディゼロジャパン8はフルマラソンでも使うことができます。

カーボンプレートが入っていないことも踏まえて、サブ3.5からフルマラソン完走までの人が使えるようになっています。

フルマラソンではボストン12などの重量があるシューズよりも、軽量なシューズがオススメ。

※重さがあるとフルマラソンの後半あたりから、足を上げるのが困難になるため。

他のシューズとの使い分け

アディダスのランニングシューズで使い分けるときの例を紹介します。

アディゼロジャパン8とタクミセン9

アディゼロジャパン8→ジョグ用
タクミセン9→スピード練習

アディゼロジャパン8を練習用(ジョグ用)として、タクミセン9をスピード練習などのポイント練習用とするのがオススメ!

ボストン12やアディゼロSLと使う

ボストン12orアディゼロSL→ジョグ用
アディゼロジャパン8→スピード練習用

ジョグでボストン12またはアディゼロSLを使って、速いペースでアディゼロジャパン8を使うのがオススメ。

タクミセン9のような厚底シューズが苦手という方

→アディゼロRC5と履き分けるのがオススメ

アディゼロジャパン8をスピード練習やペース走といった練習に使って、アディゼロRC5はジョグやアップシューズとして使うのが良いでしょう。

まとめ

アディゼロジャパン8
  • 前作よりも耐久性が向上
  • 短距離選手の練習用シューズとして使える
  • マラソンでは、サブ3.5からフルマラソン完走までの人が使える

上記のように、簡単にまとめてみました。

Amazon、楽天でもお買い求めが可能です。各サイトで値段が異なるので、ぜひチェックしてみてください。

スポーツゼビオからでも購入できるため、スポーツ店でチェックしたい人はこちらをご覧ください。

\ 詳細を見る! /

おわりです^^

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このブログを運営している人

ランニングが身体の一部になっている「みかづき(筆者)」です。

市民ランナーとして普段は走っており、記事の中で出てくる「筆者」として記事を制作しています。このメディアを通して、少しでもランニングに関する悩みを解決したいと思っております。

目次