【アディダス】アディゼロアバンチ TYO レビュー|ほぼドラゴンフライ

2021年7月1日(木)から発売されたadidasからの厚底スパイクシューズ「ADIZERO AVANTI TYO(アディゼロ アヴァンチ TYO)」

よく「アバンチ」と略されているスパイクになり、中長距離選手に愛されているシューズになっています。

ドラゴンフライが欲しいのに買えなくて困っているという方に、ぜひ使ってほしいスパイクがこのアディゼロアバンチ TYOなんです!

今回は元陸上部だった筆者が、アディゼロアバンチ TYOの特徴やドラゴンフライとの比較をしながらご紹介します。

目次

シューズの特徴

ドラゴンフライと比べると、重量は少し重い感じがありましたが、スピードを出す上ではまったく問題ありませんでした。

一番の特徴として、アバンチ TYOは足の幅が少し広い作りということもあり、安定感が高いことがポイントです!

安定感が高いスパイク!

スパイクを履いて走ると、レース後半で身体がブレブレになったり、乳酸がたまって足が思うように着地ができないという方も多いと思います。

そこで、アバンチ TYOを履いてみると、どんな着地の仕方で走っても安定しているために、疲れてしんどい時でも足を運びやすい感覚がありました。

スパイクの中では、かなり走りやすいので、陸上をはじめたばかりの人やスパイク初めて履くという方には特に使ってほしいスパイクです!

陸上をはじめたばかりの人やスパイク初めて履くという方に特にオススメ!

ドラゴンフライについては、別の記事で詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

短距離でも使えるスペック

アバンチ TYOを買った時に付いてくるピンではなく、短距離用のピンに買えることで十分短距離で使える性能を持っています。

短距離選手でもアバンチ TYO!

反発力を生み出す「エナジーロッド」のおかげで、反発が良いのに加えて、アッパー(シューズの上部)がしっかりとしているので、耐久性もあります

そのため、短距離におけるスピードに対応し、さらに反発を活かせることから短距離選手にオススメするスパイクになりました。

実際に世界陸上などで、ドラゴンフライやアバンチ TYOを短距離選手を履いているのを見かけたことがある方もいるかもしれません。

クッションと反発がもらえるスパイクがほしい短距離の方にも、アバンチ TYOはオススメです!

サイズ感

普段からアディダスのランニングシューズを履いている方は、いつもと同じサイズを購入されて大丈夫です。

アディダスはナイキやアシックスなどと比較して、足の幅が少し広い印象があります。実際に筆者は、アシックスでは、ターサーrp3やライトレーサーといったランニングシューズではワイドサイズを履いています。

ですが、アディダスのアディゼロジャパン6やボストン11などでは、ワイドではない普通のサイズで問題なく走れていますので。

アディダスの足幅の広さが、今回のアバンチ TYOのも活かされていることで、スパイク独特の窮屈感が苦手な方でも使うことができます!

スパイクの窮屈感が感じにくい!

ナイキのドラゴンフライと差別化するなら、このスパイクの窮屈感が感じにくい部分が一番大きいと感じました。

ドラゴンフライとの比較
  • 足幅が少し広いため、窮屈感が少ない!

ドラゴンフライに限らず、スパイク独特の窮屈感に慣れないと悩んでいる方は、ぜひアバンチ TYOを履くことをオススメします。

また、ワイドサイズを普段から履いている方や日本人に多い甲が高い方にも履きやすいスパイクです。

ぜひ足を通して確かめてみてください!

使う場面

トラックレースで使うのはもちろん、インターバルトレーニングやレペティションなどのスピード練習で使うのがオススメです!

スピード練習でも、最近ではヴェイパーフライ2などの厚底カーボンシューズを使う方が多いですが、トラックレースで記録を狙っている方はアバンチ TYOを使う方が良いんです。

もちろん、それには根拠があります!

レース本番で使用するシューズを使うことでレース本番に近い感覚で練習することができます。また、厚底カーボンシューズよりも足を使って走るので、より足を鍛えることができるんです!

1500mや5000mなどのトラック種目で記録を狙っている方は、アバンチ TYOで練習してみるのも1つの選択肢と考えられます。

アバンチ TYOの特徴
  • トラックレース本番に近い感覚で走れる。
  • 足を鍛えることができる。

普段のジョギングなどは厚底シューズで負担を減らして、スピード練習の時に負荷をかけて足を鍛えるという練習プランで走っている方などに最適なスパイクです。

ドラゴンフライを持っている方にとっては、練習用のスパイクとしてアバンチ TYOを使うでもかなり良い使い方となります。

まとめ

今回は「【アディダス】アディゼロアバンチ TYO レビュー」について解説しました。

簡単にアバンチ TYOの特徴をまとめてみました。

アバンチ TYOの特徴
  • スパイクの中でも安定感が高い!
  • 足幅が広いために、ワイドなスパイクが欲しい人に!
  • 短距離選手でも使えるスペックがある!

アバンチ TYOは楽天やAmazon等でもメンズ、レディースともに販売されています。過去のカラーを購入する場合はセール品などになって最安値で買えることもあります。

新色も随時更新されているようなので、自分好みのカラー展開がされているかチェックして見てください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このブログを運営している人

ランニングが身体の一部になっている「みかづき(筆者)」です。

市民ランナーとして普段は走っており、記事の中で出てくる「筆者」として記事を制作しています。このメディアを通して、少しでもランニングに関する悩みを解決したいと思っております。

目次