【体験談】ランニングで休む間隔は?【休みの必要性・重要性を解説】

日々ランニングをする上で、しっかりと休みを取っていますか?

  • ランニングをしていく上で、1日でも休むともったいないと思ってしまう。
  • 1日休んでしまうと、それまで積み上げてきたものが無駄になってしまう。
  • 週に1回しか走らないから、休みとかは関係ないでしょ?

このように、休みのことを解釈している方も多いと思います。

または、休むタイミングが分からなくて悩んでいる人もいますよね?

どれくらいのランニングの頻度が良いかについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

>>ランニングの頻度についてはこちら

それでは元陸上部だった筆者が、休みの重要性について解説していきます。

目次

休むことも重要

ランニングをする上で、次の2つのことを把握する必要があります。

  • カラダには、限界がある。
  • カラダを回復して、初めて強くなる。

上記について、筆者の体験談を踏まえて紹介していきます。

筆者の体験談

高校時代に、毎日走っていたのにタイムが全く伸びない時がありました。

部活で、先生から出される練習メニューに加えて、自主練として自分でジョギングなどをしていました。

1日でも休んでしまうと、体力や持久力が落ちてしまうと思っていたからです。

休むといけなと思い込んで、疲労がたまっているときも、疲れているときも走っていました。

ですが試合では、速くなるどことかタイムが遅くなる一方でした。

「ずっと練習しているのに、どうして遅くなるのだろう?」

毎日欠かさず走っていても、速くなるとは限らないのです。

負荷をかけるには限界がある

ずっと走っているのに速くならないのは、負荷をかけるには限界があるからです。

走っている時、体の筋肉に負荷がかかります。

負荷がかかることで、カラダに疲労がたまるので疲れたと感じるのです!

そこで、筋肉を回復してあげることで、また負荷をかけられる状態になります

回復する前に負荷をかけようとすると、筋肉は負荷に耐えきれなくなってしまいます。

耐えきれないと状態では、もちろんいつもよりも走りにくくなります。

カラダが限界を迎えている状態になってますよ!

限界を迎えている状態で走ってしまうと、次のようになります。

限界を迎えている状態で走る
  • 怪我をして、走れなくなる。
  • 体調を壊してしまう。
  • いつものペースがきつくなる。

無理をすると、上記になります。

ですので、カラダを回復してあげないといけないのです!

超回復で強くなる

筋肉が回復した時には超回復となって、回復前のときよりも強い体になっているのです!

超回復(ちょうかいふく)とは、スポーツ科学の理論において、トレーニングした部位の機能および限界に関して、トレーニング後の一定の期間、トレーニング前よりも高いパフォーマンス能力を獲得することを言う。

出典:ウィキペディア

超回復とは、回復することで強くなることを言います。

ですので、走った後に回復して、初めて強くなるのです。

つまり、走るだけでは、強くなれなれません

カラダを回復するところまでが、練習になります!

よって毎日無理をして走らない方が、結果的に効果的になります。

休みの間隔

初心者の方であれば、週に一回走るところからで大丈夫です!

平日は仕事などの疲れもあると思いますので、しっかりと日頃の疲れをとってあげるところから始めましょう。

ランニングが習慣化してきている方は、3日に1回休みをとるのがオススメです!

休みを取る間隔ですが、基本的には自分が「疲労がたまっているな」と感じたら休むで良いと思います。

その他にも休むときの指標としては、次の通り。

例)休むときの指標
  • いつもより、長く走った次の日
  • 普段の生活で、疲れがたまっているとき。
  • 睡眠不足になっているとき。

このような状態では、思い切って休むのも大事になります。

また疲れていても、どうしても走りたい時は走っても大丈夫です

人によっては、ストレス解消になったりするので思う存分走ってください!

ただし、走った後はしっかりと体を休めましょう

ランニングをする頻度の事については、こちらの記事で詳しく解説しています。

休み明けはどう走る?

休み明けは、かるく走るくらいで十分です。

1日空いたくらいですと、強度の高い練習を行ってもよいですが、

休み明けは、ゆっくりジョギングするくらいが適切になります。

しばらく走ってなかった方は、特にゆっくりジョギングをするのがオススメです!

急に激しい運動をすると、体がビックして怪我をしたりすることがあります。

継続して行うことを意識しましょう!

まとめ

今回は、「ランニングで休む間隔は?|休みなしは良くない!」についてご紹介しました。

簡単にまとめます。

  • カラダには、限界がある。
  • カラダを回復して、初めて強くなる。

上記の2つが、ランニングをする上でポイントになってくるのです!

しっかりと休息も入れて、自分の生活スタイルに合ったランニングを見つけてみましょう!

あわせて読みたい

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このブログを運営している人

ランニングが身体の一部になっている「みかづき(筆者)」です。

市民ランナーとして普段は走っており、記事の中で出てくる「筆者」として記事を制作しています。このメディアを通して、少しでもランニングに関する悩みを解決したいと思っております。

目次