ランニングを習慣化するメリット・コツ3つを紹介します

こんにちは、みかづきです^^

今回は「ランニングの習慣化」について解説します。

いきなりですが、ランニングに関して次のような悩みはありませんか?

ランニングに関する悩み
  • ランニングを習慣化するメリットは?
  • 習慣化できないのはなぜ?
  • ランニングを習慣化するコツが知りたい!

この記事を読むことで、上記のような悩みを解決します!

それでは、10年以上ランニングを続けている筆者が、ランニングの習慣化について解説します。

目次

ランニングを習慣化するメリット

ランニングを習慣化するメリットは、次の3つあります。

  • ランニング効果を得やすくなる
  • 自然に走りに行けるようになる
  • ランニングの頻度が増える

1つずつ、深掘りします。

ランニング効果を得やすくなる

ランニングを習慣化して行うことで、ランニングで得られる効果を得やすくなります。

ランニングをすると心肺機能や筋力の強化だけでなく、毛細血管の発達などさまざまな効果があります。

1回や2回走ったくらいでは、これらの効果を得ることはできません。

ランニングなどの有酸素運動は筆者の経験上、すぐに効果が得られたことはありません。

しかし、ランニングを習慣化することで、長期的にランニングの効果を得られるようになるのです。

自然に走りに行けるようになる

ランニングを習慣化できるようになると、走り出すという動作が自然にできるようになりました。

習慣化できていないときは、走ろうとするためにエネルギーを使ったり考えたりしないといけませんでした。

しかし、習慣化できてからは、何も考えなくてもすぐにシューズを履いて走り始めることがでます。

朝起きて顔を洗うことが自然にできるように、習慣化するとランニングも生活の一部として自然にできるようになります。

ランニングの頻度が増える

ランニングを習慣化できることで、必然的にランニングの頻度も増えるようになりました。

例えば、週2回のランニングでも、習慣化できれば月8回、年96回走れているのです。

週に1、2回でも習慣化すれば、長い年月でみるとかなりランニングができていますね。

そのため、習慣化はランニングの頻度を増やせるというメリットもあります。

ランニングを習慣化するコツ

ランニングを習慣化しようとしても、なかなか難しいと思います。

そこで、習慣化するためのコツを3つ紹介します。

  • 1.事前に走るウェアを決めておく
  • 2.精神的なハードルを下げる
  • 3.走り始める時間を決めておく

1つずつ、解説します。

1.事前に走るウェアを決めておく

前日や朝起きてすぐなど、走りに行く前にランニングウェアを着ておくことがポイントです。

筆者の体験談になりますが、

「走ろう!」と思った後に着る服とか選んでいると、走る気がなくなったことが何度もありました。

服を選んだり身なりを整えたりしていると、意外と時間がかかってしまいます。

そのため、前もって準備できる着る服などは、前もって決めておくのがポイントになります。

2.精神的なハードルを下げる

精神的なハードルを下げることで、よりランニングを習慣化しやすくなります。

  • 「毎日5km走る」
  • 「今日は速いペースで走る」
  • 「ランニングは必ず50分以上する」

上記のように高い目標設定をしてしまうと、少しお腹が痛くなっただけで走る気力が伏せてしまいます。

「走れたらOK」のように軽い気持ちでいることで、少しアクシデントがあっても比較的走りに行きやすくなります。

3.走り始める時間を決めておく

だいたいの走り始める時間を決めておくことで、習慣化しやすくなります。

夜になると眠くなるような感覚で、走る時間帯が決まっていると体内時計にランニングをすることが組み込まれます。

  • 「仕事終わりの22時前後に走り始める」
  • 「朝起きてすぐに走る」
  • 「休憩時間に走る」

上記のように、時間はアバウトで大丈夫です。

1日の中で空いている時間や習慣化させたいタイミングに、ランニングを持ってくると続きやすいです。

1、2週間では習慣化できなくても、1、2ヶ月経つと意外と習慣化できたりします。

最初はキツイかもしれませんが、ランニングを継続して良いランニングライフ過ごしください!

ランニングを継続するコツなどについては、こちらの記事で説明しています。

あわせてご覧ください。

おわりです^^

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このブログを運営している人

ランニングが身体の一部になっている「みかづき(筆者)」です。

市民ランナーとして普段は走っており、記事の中で出てくる「筆者」として記事を制作しています。このメディアを通して、少しでもランニングに関する悩みを解決したいと思っております。

目次