【ミズノ】ウェーブリベリオンプロ2 レビュー|箱根駅伝にも!

こんにちは、みかづきです^^

今回はミズノ「ウェーブリベリオンプロ2」のレビュー記事です。

2023年12月22日に、厚底カーボンシューズとして発売されました。

ウェーブリベリオンプロ2はレースシューズの位置付けで、他社で言うと「ヴェイパーフライ3」や「メタスピードスカイプラス」に当たります。

2024年1月2日・3日に開催された箱根駅伝にも、実際にウェーブリベリオンプロ2(プロトタイプ)の着用者がいました。

それでは、10年以上ランニングを続けている筆者が、前作との比較を踏まえて解説します。

目次

ウェーブリベリオンプロ2の特徴

出典:Amazon.co.jp

ウェーブリベリオンプロ2の詳細を、以下の表にまとめます。

ウェーブリベリオンプロ2
アッパーエンジニアードメッシュ
ミッドソール「ミズノエナジーライトプラス」
「カーボン強化ナイロンプレート」
「ミズノエナジーライト」
アウトソールG3ソール
重量(27.0cm)約215g
値段(定価)¥25,300円
マラソン
部活

ミッドソールには、高反発素材やカーボンプレートが合計3枚含まれています。

そのため、シューズの反発性はランニングシューズの中でもトップレベルになることが分かります。

価格も高額ではありますが”レースシューズ”という視点でみると、3万を切る値段は良心的とも捉えられますね。

ウェーブリベリオンプロ2の特徴は、以下の通りです。

ウェーブリベリオンプロ2の特徴
  • かかと部分がカットされ、自然と足裏の前足部で着地ができる。
  • 軽量性を意識しつつも、グリップ力や耐久性の高さを維持している。
  • マラソンなど、ロードレースで記録を狙いたい人にオススメ。

特徴的な形状をしていますが、他のレースシューズと比べても引けを取らない機能性があります。

ここから前作と比較して、深掘りします。

ウェーブリベリオンプロと比較

スクロールできます
ウェーブリベリオンプロウェーブリベリオンプロ2
アッパーエンジニアードメッシュエンジニアードメッシュ
ミッドソール「ミズノエナジーライトプラス」
「ミズノエナジーライト」
「ミズノエナジーライトプラス」
「カーボン強化ナイロンプレート」
「ミズノエナジーライト」
アウトソールG3ソールG3ソール
重量(27.0cm)約220g約215g
値段(定価)¥25,300円¥25,300円
マラソンサブ3~サブ4以上
部活

かかと部分がそり上がった形状

前作と同様に、ウェーブリベリオンプロ2はかかと部分が削れた形をしています。

そのため、足裏の前作部で自然と着地をすることが可能です。

かかとのそり上がり方が、前作よりも今作の方が傾斜は大きくなっています。

そのため、前作よりも前に足を運びやすい走り方ができます。

体重移動がしやすいレースシューズが欲しい人に特にオススメのシューズになっています。

軽量性と耐久性どちらも高い

前作と同様のアウトソールを使用し、軽量性を目指しながらも耐久性をキープしています。

また、シューズ表面のアッパー素材は前作のウェーブリベリオンプロと同じです。

変更点として、シューズの足を入れる履き口の部分が軽量化され、足当たりがよくなりました。

ホールド感よりも、足に馴染みやすいフィット感を意識した形状になりました。

そのため、シューズ全体の通気性・フィット感の向上だけでなく、耐久性にも優れたシューズになっています。

ホールド感が強めのレースシューズが欲しい人は、ホカオネオネの「ロケットX2」を参考にしてみてください。

>>ホカオネオネのロケットX2はこちら

優れたミッドソール

ナイキやアシックスに負けないミッドソールの反発性があり、カーボンの硬さを感じて走ることができます。

先ほど紹介したホカオネオネのロケットX2は、少しカーボンプレートに柔らかさが感じられます。

ウェーブリベリオンプロ2ではクッション性の柔らかさは感じず、カーボンプレートを直に感じます。

  • ロケットX2→カーボンに少し柔らかさあり
  • ウェーブリベリオンプロ2→カーボンの硬さを感じる

そのため、強い反発性をより強い推進力に変えていきやすいシューズになっています。

サイズ感

ウェーブリベリオンプロ2は、普段履いているランニングシューズと同じサイズを選ぶのがオススメです。

筆者は普段、薄底シューズ・厚底シューズ関係なく27.5cmのワイドサイズを履いています。

しかし、ウェーブリベリオンプロ2にはワイドサイズ(3E)ありませんでした。

いつも通りの27.5cmで足を入れたところ、窮屈感などは感じられなかったです。

ヴェイパーフライ3やメタスピードスカイプラスなどレースシューズは、軽量化のためパーツが減ります。

そのため、案外シューズの中はゆとりがあるのかもしれません。

>>ヴェイパーフライ3のサイズ感はこちら

使う場面

ウェーブリベリオンプロ2を使う場面は、次の2つあります。

  • ペース走やインターバル走など、ポイント練習で。
  • 駅伝やマラソンなど、ロードレースで。

シューズの厚さ規定内ですので、マラソン大会など公式の大会で使うことが可能です。

また、使う人のレベルとして、機能性の高さからサブ2.5やサブ3の人向けと考える人も多いでしょう。

ですが、他社のハイスペックなレースシューズと比較すると、サブ4やサブ5の人でも履きやすいです。

根拠は、以下の通りです。

  • クッション性が強すぎないため、比較的安定した走りができる。
  • かかとが削れている分だけ、転がるようにも走れる。

部活生やレディースの人にも使いやすい反発性があるため、幅広い人にオススメです!

まとめ

ウェーブリベリオンプロ2
アッパーエンジニアードメッシュ
ミッドソール「ミズノエナジーライトプラス」
「カーボン強化ナイロンプレート」
「ミズノエナジーライト」
アウトソールG3ソール
重量(27.0cm)約215g
値段(定価)¥25,300円
マラソン
部活

レースシューズの中でも、フィット感が良く見た目以上に走りやすいです。

ロードレースに出られる人は、ぜひ次のレースで使ってみてください!

Amazon・楽天だけでなく、ゼビオ等のオンラインからでも選べます↓

おわりです^^

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このブログを運営している人

ランニングが身体の一部になっている「みかづき(筆者)」です。

市民ランナーとして普段は走っており、記事の中で出てくる「筆者」として記事を制作しています。このメディアを通して、少しでもランニングに関する悩みを解決したいと思っております。

目次