【陸上】試合前にユニフォームになるタイミングを解説!

こんにちは、みかづきです^^

今回は「試合前にユニフォームになるタイミング」について解説します。

陸上の試合では、ゼッケンを付けたユニフォームやTシャツで走ります。

そこで、どのタイミングでユニフォームになるのか迷っている人も多いと思います。

この記事では、ユニフォームになるタイミングをトラック・マラソン別に紹介します。

それでは、10年以上ランニングを続けている筆者が、ユニフォームになるタイミングを解説します。

目次

トラックレースの場合

ユニフォームは招集前に着替える

800mや3000mなどトラックレースの場合、ユニフォームは招集前に着替えるのがオススメです。

トラックレースの場合は、招集前にウォーミングアップをすることがほとんどだと思います。

そのため、事前にユニフォームをTシャツの下に着ていると汗をかいてしまうため、冷えたり走りにくくなったりします。

ウォーミングアップをした後にユニフォームに着替えることで、身体を冷やすことなくスムーズに招集にも行けます!

2つ前の組までにユニフォームの姿へ

ユニフォームに着替えてから、身体を冷やさないためにウィンドブレーカーなど何か上に着ることが多いと思います。

その状態からユニフォームの姿になるオススメのタイミングは、自分が走る2つ前の組が始まったときです。

具体例として、1500mの3組目に出場するとします。

その場合、1500mの1組目が始まったときにユニフォームになりますね。

簡単に脱ぎ着できる場合は、1組目が終わる頃にユニフォームになるのでも良いと思います。

1組目に走る場合は、前の競技が終わるまでにはユニフォームになるのがベターですね。

3000m以上なら1つ前の組までに

3000mや5000mの場合は、1組が終わる時間が非常に長いです。

そのため、焦ってユニフォームにならなくても大丈夫です。

前の組みの先頭が残り2,3週になったくらいで、ユニフォームになるのがオススメのタイミングです。

スパイクを履く前に着る

スパイクを履いてからユニフォームになろうとすると、ズボンが脱ぎにくい場合もあります。

そのため、ズボンの脱ぎ着がしにくい人は、ユニフォームになってからスパイクを履くのがオススメです。

マラソンの場合

ユニフォームを着て行く

ハーフマラソン・フルマラソンの場合、ユニフォーム(当日着て走る服)は家から着て行くのがオススメです。

トラックレースとは違って、ウォーミングアップを長くする必要はないですし、マラソンの始めの2kmくらいがウォーミングアップになります。

そのため、汗をかくようなウォーミングアップをしない人は、あらかじめユニフォームを着て行くのがオススメです。

荷物が回収されるまでに走る姿に

マラソンによっては、スタート位置とゴール位置が違うレースもあります。

その場合は、マラソン運営側の車やトラックに荷物を積むことになります。

荷物を預けた後にユニフォーム姿になると、上に着ていたウェアを預けることができなくなります。

そのため、荷物預ける時間になったらユニフォームの姿になるのがオススメです!

まとめ

  • トラックレースの場合は、ユニフォームは着て行かずに招集前に着替える。
  • 着替えた後に上に羽織っているウェアは、2つ前の組みになったら脱ぐ。
  • マラソンを走る場合は、ユニフォームは下に着ていく。
  • 荷物を預けるタイミングで、ユニフォームの姿になるのがポイント。

ユニフォームになるタイミングを上手く掴んで、ストレスなく試合に挑めるように頑張ってください!

レースにオススメのスパイクや厚底カーボンシューズも紹介しています。

この機会にぜひ、チェックしてみて下さい!

試合前のアップのタイミングについては、以下の記事で解説しています。

おわりです^^

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このブログを運営している人

ランニングが身体の一部になっている「みかづき(筆者)」です。

市民ランナーとして普段は走っており、記事の中で出てくる「筆者」として記事を制作しています。このメディアを通して、少しでもランニングに関する悩みを解決したいと思っております。

目次