【陸上】レース前日の寝る時間や寝られない時の対処法を解説!

こんにちは、みかづきです^^

今回は「レース前日の寝る時間」について解説します。

いきなりですが、陸上のレース前日で次のような悩みはありませんか?

レース前日の悩み
  • レース前日は何時に寝るべき?
  • 眠れないときの対処法は?
  • 早く寝すぎるのは良くない?

この記事を読むことで、上記のような悩みを解決します!

それでは、10年以上ランニングを続けている筆者が、レース前日の寝る時間について解説します。

目次

レース前日の寝る時間

レース前日の寝る時間は、午後10時~12時までが理想になります。

部活生など学生の人は、午後10時に寝るのがオススメです。

レースのある日は、移動などで必然的に朝早くに起きることが多いです。

そのため、いつも通りの就寝時間に寝てしまうと、睡眠時間が極端に短くなるケースがあります。

十分な睡眠時間を確保しておくことで、レース当日に最大限のパフォーマンスを発揮できやすくなります。

早く寝過ぎるのも注意

睡眠時間を確保しようと早く寝すぎることで、逆に寝られなくなることがあります。

寝ようと意識すると、かえって寝られなくなった経験が1度はあると思います。

そのため、いつもよりも3時間以上早く寝る場合は意識し過ぎないようにしましょう。

いつもの就寝時間の1~2時間前くらいが目安!

ただ、めちゃくちゃ疲れているときは、すぐに寝てOKです。

臨機応変に、就寝時間を調節することも大切ですね。

寝られないときの対処法

早く寝たいけど、どうしても寝られないということもあると思います。

レースのために早く寝たいのに、眠れないと焦ってしまいますよね。

そんなときは、次の3つの対処法があります。

  • 1.明日の予定を書き出す
  • 2.間食を食べる
  • 3.夜風にあたる

1つずつ、深掘りします。

1.明日の予定を書き出す

レース当日の流れやレースプランを書き出すことで、頭の中がスッキリします。

寝るときに考えごとがあると、なかなか寝付けないです。

そこで紙に書き出すことで、考えることがなくなり入眠しやすくなります。

書き出すときのポイントは、些細なことでも書くことです。

具体例をあげると、以下のようになります↓

  • 「明日は5時に起きて、6時には家を出よう」
  • 「ウォーミングアップは、9時から始めよう」
  • 「レースの最初の1周は、少し抑えて走ろう」

上記のように、考えていることや頭の中にあることを全て書き出します。

そうすることで気持ちが楽になるだけでなく、必然的に明日の「TO DOリスト」も完成します。

レース当日の流れを紙に書き出すテンプレートを、こちらの記事でご紹介しています↓

2.間食を食べる

小腹を満たすことで、比較的眠りやすくなります。

これは筆者の経験ですので、寝る前の飲食に抵抗がある方は全然スルーしてもらってOKです。

筆者の場合は、おにぎり1個や食パン1切れを食べています。

お腹が少し膨らむと眠気が増すので、この方法は良く使います。

体調や身体のつくりは人それぞれですので、参考程度で受け取ってみてください。

3.夜風にあたる

窓を開けたりベランダに出てみたりすると、心身共にリラックスして眠りやすくなります。

夜風はとても冷たいですが、眠れないときに当たると気持ち良く感じます。

少し身体が冷えますが、体温が下がることで眠りやすくなることが多々あります。

そのため、風邪を引かない程度で、夜風に当たってみるのもアリだと思います!

まとめ

レース前日の寝る時間は、午後10時~12時までが理想です

もちろん、自分のライフスタイルに合わせることが、1番大切です。

しっかりと睡眠をとって、最高のパフォーマンスができるようにしましょう!!!

レース当日の流れやレースでオススメのシューズも解説しています。

ぜひ、参考にしてみてください!

メーカー別に、振り分けています↓

おわりです^^

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このブログを運営している人

ランニングが身体の一部になっている「みかづき(筆者)」です。

市民ランナーとして普段は走っており、記事の中で出てくる「筆者」として記事を制作しています。このメディアを通して、少しでもランニングに関する悩みを解決したいと思っております。

目次