【NIKE】ヴェイパーフライ3 レビュー|オールラウンドな厚底!

こんにちは、みかづきです^^

2023年4月に発売されたナイキのヴェイパーフライ ネクスト% 3(Vaporfly Next% 3)。

前作から大幅なアップデートがあり、よりたくさんのランナーに履きやすいモデルとなりました。

通気性が良くなったり、グリップ力が増すなど前作と比較しても、かなり評判の高いシューズになっています。

今回は、10年以上ランニングを続けている筆者が、ヴェイパーフライ3について解説しています。

目次

シューズの特徴

ヴェイパーフライネクスト%3の特徴をまとめました。

ヴェイパーフライ3
アッパーフライニット
ミッドソールズームX
カーボンプレート(全面)
アウトソールラバーアウトソール
重量
(27.0cm)
約187g
定価(税込)¥35,750円
ヴェイパーフライ3
  • 前作よりも反発力が上がったが、安定感を重視したつくりに。
  • 足幅が少しゆったりとして、ワイドサイズの人も履きやすい。
  • 雨の中でも走りやすいグリップで、地面との設置面積も広い。

以下から、詳しいシューズの特徴をしていきます。

アッパーがフライニットへ

出典:nike.com

アッパー(シューズの上の部分)が、「エンジニアードメッシュ」から「フライニット」という素材へ変更しました。

このフライニット素材は、ザラザラとした感じの素材であり、非常に通気性に優れています。

通気性に優れたフライニット素材に!

通気性に優れていることから、蒸し暑い日や雨でのランニングでもより快適に走ることができます。

雨もしみこみにくかったので、雨の日のレースでも心強いレーシングシューズです!

気になる点としては、ちょっとかかとの部分がゆるくなった感じがありました。

前作よりもゆったりとしたフィット感になっている分だけ、シューズの素材感が少し弱くなっているデメリットがありますね。

ズームエックスフォーム

出典:nike.com

ミッドソール(シューズの中間にあるソール)は、前作と同様にズームエックスフォームが使われています。

この素材の特徴は、軽くて、反発力が他のランニングシューズよりもずば抜けているところです。

反発力に優れたズームエックスフォーム!

NIKEの最高峰の反発材が、常に推進力を生んでくれるため、より少ないエネルギーで速く走ることができます。

柔らかいクッションだと、グラつく人もいると思いますが、内側の部分に補強材が入っているので、安定感も高いです。

内側の部分に補強材が安定感を保ってくれる!

グリップ力の向上

出典:nike.com

前作の足の裏はツルツルとした感じでしたが、今回のヴェイパーフライ3は凹凸ができました。

このでこぼこができたことにより、グリップ力が増したので、どんな路面でも走りやすかったです。

グリップ力がより強くなった!

このグリップ力があるのとないのとでは、走りやすさが大きく異なります。

しっかりと自分の足で踏み込んで走れるのが、一番の大きな違いになります。

自分の足で踏み込んで走る感覚が欲しい方に、特にオススメになります。

自分の足でしっかりと蹴って走りたい方にオススメ!

ヴェイパーフライ2と比較

前作のヴェイパーフライ2との1番の違いは、走っているときの反発をもらう感覚です。

ヴェイパーフライ2は、カーボンプレートとクッション素材の反発を受けている感覚が大きかったです。

爆発的なシューズの反発を、ダイレクトに受けている感覚がありました。

ヴェイパーフライ3も機能性としては大きい反発がありますが、反発をもらっている感覚が少し小さくなりました。

→これはシューズの安定性が増した分、身体への負担が小さくなったからです。

ランニングエコノミーは良くなりましたが、前作の反発を意識したシューズを好む人もいると思います。

ですので、単純な機能性の高さであればヴェイパーフライ3、シューズから勢い(反発)をもらう感覚を大切にしたい人はヴェイパーフライ2がオススメです!

  • 機能性の高さを優先→ヴェイパーフライ3
  • シューズから勢い(反発)をもらう感覚を優先→ヴェイパーフライ2

自分の好みによって、選んでみてください!

>>ヴェイパーフライ2のレビュー記事はこちら

サイズ感

普段履いているNIKEのランニングシューズと同じサイズで履けました。

前作のヴェイパーフライネクスト%2よりも、足幅が少し広くなった印象がありました。しかし、縦のサイズ感はあまり変わっていませんでした。

少し足幅がゆったりとした感じに!

先ほど説明したとおり、アッパーの素材が変わったことによって、足幅の広い方でも履きやすくなりました。

前作を履こうとして、足幅が狭いと感じ、足の甲の部分があたってしまって買うのを断念した人もおられると思います。

今回のヴェイパーフライネクスト%3は、足幅が広い人や日本人に多い甲が高い人でも使えるモデルへとアップグレードされています。

ヴェイパーフライ3
  • 足幅が少しゆったりめに!
  • 足の甲が高い人やワイド感な人でも履きやすくなった!

同じNIKEの「ペガサスターボネクストネイチャー」が、一番サイズ感が近かったです。NIKEの中でも足幅が広くて、とても履きやすいです。

ペガサスターボネクストネイチャーに近いサイズ感!

ペガサスターボネクストネイチャーの詳しいサイズ感などは、別の記事で詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

使う場面

マラソンやロードレースといった、大会でのレーシングシューズとして使うのがオススメです!

大会でのレーシングシューズとして使うのがオススメ!

今回のヴェイパーフライネクスト%3は、足裏が比較的フラットで平らなシューズになっていました。

ですので、つま先から着地するフォアフットで走る人だけでなく、足裏全体で着地するミッドフットの人や、かかとからしっかりと着地する人でも使いやすい一足になりました。

大会以外でも、日頃のインターバルのようなスピード練習から、距離走などのロングジョグで使うのもオススメです。

できるだけ足に疲労を残さずに走るだけでなく、使い慣らしておくことができます。

ヴェイパーフライ3の使う場面
  • マラソンや大会などのレースで履く!
  • つま先からかかとのどこでも着地がしやすい!
  • スピード練習や距離走で使うのも効果的!

ただ、ヴェイパーフライネクスト%3は、サブ4を達成できる人以上の人が使いやすいシューズだと思います。

どうしても反発力が強いため、ある程度足の筋肉がある人でないと使うのが難しいと感じたからです。

ある程度、足の筋肉が必要になる!

サブ4よりもゆっくりなペースで走るという方は、同じNIKEの「ズームフライ5」がオススメです!

このズームフライ5は、ヴェイパーフライネクスト%3よりも、反発力が少し落ちる分、安定感がとっても高いシューズになっています。

ちょうど良い反発力と高い安定感のおかげで、初心者の方やフルマラソン完走が目標という人でも履きこなせるシューズになっています。

ズームフライ5
  • ちょうど良い反発力!
  • 走っているときの安定感が高い!

ズームフライ5については、別に記事で詳しく解説していますので、こちらをご覧ください。

まとめ

今回は「【NIKE】ヴェイパーフライ3 レビュー|オールラウンドなレーシングシューズ!」について解説しました。

ヴェイパーフライネクスト%3の特徴をまとめました。

ヴェイパーフライ3
  • 前作よりも反発力があがり、数グラム軽くなった。
  • 足幅が少しゆったりとした感じがある!
  • 雨や蒸し暑い日でも走りやすい!

NIKEの最高峰のランニングシューズをぜひ、体験してみてください!

ヴェイパーフライ3は、Amazonなどのネットショップでも購入可能です。

Amazonなどではなく、アルペン・デポといったスポーツショップの方が良いという方は、こちらをご覧ください。

\ 送料無料です! /

おわりです^^

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このブログを運営している人

ランニングが身体の一部になっている「みかづき(筆者)」です。

市民ランナーとして普段は走っており、記事の中で出てくる「筆者」として記事を制作しています。このメディアを通して、少しでもランニングに関する悩みを解決したいと思っております。

目次