【ナイキ】インフィニティラン4レビュー|SEやペガサス40と比較

こんにちは、みかづきです^^

今回は、NIKE「Infinity Run 4(インフィニティラン4」のレビュー記事です。

2023年8月10日から販売開始となった、ナイキの新作ランニングシューズ”インフィニティラン4”。

前作のインフィニティラン3からクッション性と反発性が高くなり、よりジョギングに特化したシューズになりました。

それでは10年以上ランニングを続けている筆者が、前作やペガサス40などと比較して解説します。

目次

インフィニティラン4の特徴

インフィニティラン4
アッパーFlyknit
ミッドソールReactXフォーム
アウトソールワッフルアウトソール
重量(27.0cm)約322g
値段(定価)¥18,700円
マラソン
部活

詳しく解説します!

前作インフィニティラン3との違い

インフィニティラン3とインフィニティラン4の違いは、クッションの素材感です。

今回は新開発のNike ReactXフォームが使われてるため、クッション性の種類が変わりました。

インフィニティラン3では程よい反発感で、自分の足で走る感覚が少しありました。

インフィニティラン4では、少しクッション性が増して自分の足で走っている感覚が少なくなりました。

ですので、よりマラソンやロングジョギングなどの長い距離にも対応しやすいモデルになりました!

素材感は少し厚めに

シューズの上側の部分であるアッパー素材の生地が、少し厚めになりました。

ナイキ独自のフライニット素材で、優しい肌触りが特徴です。

これによって防水性が良くなり、少し柔らかいレインコートのような質感になっていますよ!

インフィニティラン4はGORE-TEX(ゴアテックス)というバージョンもあり、より防水性に特化したモデルもあります。

普段履きやウォーキング中心に使いたい方に、オススメのモデルですね。

重量が増えて耐久性が高い

27.0cmで約320gもありますので、ランニングシューズの中だと重い分類になります。

ナイキのペガサス40が27.0cmで約280gですので、インフィニティラン4はジョギングシューズの中でも少し重めです。

重量があって安定性も高いことから、インフィニティラン4は耐久性が高くなっています

ジョギングシューズは普段から良く使うシューズですので、耐久性が高いのは大きなメリットです!

ペガサス40と比較

スクロールできます
ペガサス40インフィニティラン4
アッパーメッシュ素材Flyknit
ミッドソールReactフォーム
Zoom Air ×2
ReactXフォーム
アウトソールワッフルソールのラバーワッフルアウトソール
重量
(27.0cm)
約280g約322g
値段(定価)¥15,400円¥18,700円

ペガサス40とインフィニティラン4の違いは、反発性の強さの違いにあります。

インフィニティラン4はペガサス40よりもミッドソールの反発性が強くなるため、より足に負担を掛けずに走ることができます。

ペガサス40は反発性が少ない分、軽量で自分の足でペースコントロールがしやすくなっています。

自分の足で走る感覚が欲しい人はペガサス40、足への負担を減らして楽に走りたい人はインフィニティラン4がオススメです!

ペガサス40の詳細については、こちらの記事を参考にしてください↓

インビジブルラン3と比較

履き比べてみると、インビジブルラン3の方が反発性が高いです。

インフィニティラン4は軽い反発力が得られる感覚で、優しい足当たりで走りやすいのが良い味を出していると感じました。

自分の足を鍛えるために走りたい人はインフィニティラン4、足への負担を極力減らして走りたい人にはインビジブルラン3がオススメです!

>>インビジブルラン3のレビュー記事はこちら

サイズ感

一般的に、普段履いているシューズと同じサイズで問題なく履けます。

足幅の小さい人にとっては、少し大きいと感じるかもしれません。

シューズの中央の部分が少し広くなったことによって、足幅の広い人でもインフィニティラン4を履けるようになっています。

また、アッパー素材の変更により、つま先の部分に少しゆとりが出きました。

筆者自身が、窮屈感が少しあったためにインフィニティラン3を履くことを断念しました。

しかし、インフィニティラン4では少しワイド感があるため履くことができました

Nike ReactXフォームで、足の中央の部分がより広くなっているからですね

素材感が少し変わるだけで、安定性が増すだけでなくワイド感が得られるようになったのです。

前作のインビジブルラン3よりもワイド感が欲しい人には、ぜひ履いてほしい1足!

\ 送料無料です! /

使う場面

ジョギングシューズとして使う

重量があって安定性も高いことから、インフィニティラン4は普段のジョギング用として使うのがベストです。

普段のジョギング用で使うのがベスト!

インターバル走のようなスピード練習とかでは使わずに、ジョギングやウォーミングアップ用として使うのがベストになります。

少し速いペースでのジョグやペース走はできても、スピード練習は重さがあるため難しいです。

1足でジョギングからスピード練習までこなすのは難しいので、薄底シューズのような軽量なシューズと使い分けてみるのもオススメです。

部活生の方や記録を狙いたい人は、シューズの履き分けがオススメですね。

フルマラソンで使う

程よいクッション性と安定性から、初心者の方やフルマラソン完走を目指す人にオススメのシューズになっています!

サブ4以上を目指すとなると、キロ5分30秒より速く走ることが望ましいです。

キロ5分30秒より速く走ろうとすると、シューズが重く感じたり、シューズの反発性が物足りなく感じたりします。

ですので、初心者などペースを気にせず楽に走りたい人には、ピッタリのマラソンシューズになります!

まとめ

インフィニティラン4の特徴
  • 新しいクッション素材によって、前作より少しだけワイド感がある。
  • 重量があるものの、反発性が少しあって快適に走れるクッション性に。
  • ウォーキングやジョギングとして使いやすく、初心者の方のフルマラソンにも!

インフィニティラン4はカラー展開が豊富で、インフィニティラン4 seなど特別版のカラーもあります。

seやその他のカラーとのスペックの違いはありませんので、自分の好きな色のインフィニティラン4を選んでみてください!

\ スポーツゼビオで見る /

Amazon・楽天でも購入することができます。

おわりです^^

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このブログを運営している人

ランニングが身体の一部になっている「みかづき(筆者)」です。

市民ランナーとして普段は走っており、記事の中で出てくる「筆者」として記事を制作しています。このメディアを通して、少しでもランニングに関する悩みを解決したいと思っております。

目次