【陸上】2日連続で試合があるときの過ごし方やコツを紹介!

こんにちは、みかづきです^^

今回は「2日連続で試合があるとき」について解説します。

いきなりですが、試合があるときに次のような悩みはありませんか?

2日連続で試合があるときの悩み
  • 陸上で2日連続試合があるときの過ごし方は?
  • 2日連続で試合があるときの疲労の抜き方は?
  • 試合が終わった後は練習する?

この記事を読むことで、上記のような悩みを解決します!

それでは、10年以上ランニングを続けている筆者が、2日連続で試合があるときについて解説します。

目次

2日連続で試合があるときのコツ

2日連続で試合があるときは、次の3つのポイントがあります。

  • 練習はしない
  • 疲労を抜くことを優先
  • アップ・ダウンの量を調節

1つずつ、深掘りします。

練習はしない

2日連続で試合があるときは、練習をしないのがオススメです。

1日目の試合が終わって、2日目の試合のために練習をしたいという人もいると思います。

しかし、陸上競技は1日練習をしたからといって、記録が良くなるスポーツでありません。

それに、1日目の試合が2日目の試合の前日刺激の役割を果たしてくれます。

>>試合の前の刺激についてはこちら

そのため、練習するのではなく、試合だけをしっかりこなすことが大切です。

疲労を抜くことを優先

800mでも1500mでも、1回試合を走るだけでかなりの疲労がたまります。

そのため、次の試合までに疲労を抜くことを意識します。

疲労を抜き方としては、ウォーキングや仮眠をとることがオススメです。

疲労の抜き方
  • ゆっくりウォーキングをする
  • 仮眠をとる

ウォーキングは有酸素運動のため、呼吸が整ったり筋肉の疲労を抜きやすくなったりします。

気分転換にもなるので、緊張やプレッシャーをほぐすこともできます。

また、仮眠をとることで頭の中がスッキリしますし、無駄な体力を使うことを避けられます。

そのため、気分転換や体力の回復のために、ウォーキングや仮眠をすることがオススメです。

アップ・ダウンの量を調節

試合前のウォーミングアップや、試合後のクールダウンの量を調節することが大切です。

疲労がたまっている中だと、普段通りのウォーミングアップを行うと余計に疲労がたまってしまいます。

また、2日目の試合が終わった後は、身体に大きな疲労がたまっています。

そのため、その場面ごとにアウォーミングアップやクールダウンの量を調節することが大切です。

試合1日目の過ごし方

1日目の試合は、いつもの試合通りのルーティンで過ごします。

基本的に2日目のことは考えずに、全力で挑みましょう!

2日目に大切な試合があって、1日目の試合があまり重要でない場合は、1日目の試合を”前日刺激”として扱います。

つまり、最善の努力を尽くすが、身体がボロボロになるまでは戦わないという感じです。

タイムトライアルのような位置付けで、気持ちは2日目に重きを置いておきます。

自分が1日目または2日目のどちらを重要視しているかで、試合への挑み方・気持ちが大きく変わってきます。

試合2日目の過ごし方

2日目は、以下のことがポイントになります。

  • アップを少し短めにする
  • ダウンは入念に行う

1日目の疲労が残っているだけでなく、体力やスタミナが少なくなっています。

また、1日目に試合を走っているため、身体は少し動きやすくなっている場合が多いです。

そのため、ウォーミングアップは走る距離や時間を短くすることが分かります。

2日目の試合後は、かなり身体が疲れていますよね。

入念にクールダウンをすることで怪我のリスクを下げることができ、疲労が抜けやすくなります。

いつもより、ダウンジョグの時間を増やしてみるなどして、しっかりとケアをしましょう。

アップはポイント練習用シューズで行う

試合前のウォーミングアップは、ポイント練習のときに使っているシューズを使うのがオススメです。

ポイント練習用のシューズは、少し反発性があってスピードが出しやすいです。

そのため、身体が弾む感覚があって、試合前にスピードを出しやすい良いリズム感を得ることができます。

筆者もトラックレース・マラソン関係なく、試合前はポイント練習用シューズでアップをしています。

ジョギングシューズよりも自然にペースが上がるため、少し調子が悪くてもいつも通りの調子に戻すこともできます。

インターバル走などのポイント練習からアップまで使えるシューズは、以下のまとめ記事で紹介しています。

調子を合わせやすい自分だけのシューズを見つけてください!

おわりです^^

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このブログを運営している人

ランニングが身体の一部になっている「みかづき(筆者)」です。

市民ランナーとして普段は走っており、記事の中で出てくる「筆者」として記事を制作しています。このメディアを通して、少しでもランニングに関する悩みを解決したいと思っております。

目次