【ミズノ】ウェーブライダー27 レビュー|重過ぎず走りやすい!

こんにちは、みかづきです^^

今回は、ミズノ「ウェーブライダー27(WAVE RIDER 27)」のレビュー記事です。

2023年8月25日から一般販売され、購入するかどうか悩んでいると思います。

前作のウェーブライダー26からアッパー(シューズ上部)のみの変更ですが、サイズ感や履き心地が大きく向上しました。

それでは10年以上ランニングをしている筆者が、定番シューズ「ウェーブライダー27」について解説します!

目次

【ミズノ】ウェーブライダー27の特徴

ウェーブライダー27
アッパーメッシュ素材
ミッドソール「ミズノエナジー」
「ミズノウェーブ」
アウトソールX10(エックス10)
重量(27.0cm)約280g
値段(税込)¥14,850
マラソン
部活

前作(ウェーブライダー26)と比較

ウェーブライダー26ウェーブライダー27
アッパーエンジニアードメッシュメッシュ素材
ミッドソール「ミズノエナジー」
「ミズノウェーブ」
「ミズノエナジー」
「ミズノウェーブ」
アウトソールX10(エックス10)X10(エックス10)
重量(27.0cm)約285g約280g
値段(税込)¥14,850¥14,850

ウェーブライダー26とウェーブライダー27の違いは、アッパーのみです。

ミッドソールは前作と同じ「ミズノウェーブ」が使用されていますので、ウェーブライダーの高い安定感は受け継がれています。

具体的な変更点としては、足の甲の部分の足当たりがよくなり、かかとの部分がより柔らかくなりました

そのため、よりソフトな履き心地になり長時間履いても疲れにくくなりました。

アディダスのアディゼロジャパン8のような硬めなシューズが苦手な人に、ウェーブライダー27は特にオススメです!

>>アディゼロジャパン8のレビュー記事はこちら

全体的に柔らかいシューズ

ウェーブライダー27の特徴は、シューズ全体が柔らかい構造で履き心地が良いところです。

一般的な厚底シューズは、クッション材や補強材、プレートなどが入っているために独特のクセがあります。

例えば、アシックスのマジックスピード3やナイキのズームフライ5などが体表的。シューズの反発やクッション性が強く、勝手に足が進む感じがありますね。

それに比べてウェーブライダー27は、「ミズノウェーブ」というプレートがあるものの、シューズ全体に屈曲性があります。

ですので、クッション性のあって履き心地に良いランニングシューズが欲しい人には、特にオススメです!

マジックスピード3の反発性に関しては、こちらの記事をご参考にしてください。

>>マジックスピード3のレビュー記事はこちら

シューズのドロップ差が大きい

出典:Amazon.co.jp

ウェーブライダー27はドロップが12mmもあるため、前へ体重移動がしやすくなっています。

ドロップとは、つま先とかかとの高低差。

アシックス「ゲルカヤノ30」などジョギング用のシューズは、一般的にドロップが低いです。

しかし、ウェーブライダー27はジョギング用シューズの中でもあえてドロップが大きく作られ、かかとからつま先への体重移動がしやすくなっています

市民ランナーの人であれば、かかとから着地することが多く、足を転がすように走る人が多いと思います。

そのような体重移動がしやすいシューズが欲しい人に、ウェーブライダー27はオススメです!

  • ドロップが小さく、足の高低差が低いシューズが良い人はゲルカヤノ30。
  • 高低差が大きく、自然と体重移動ができるシューズが良い人はウェーブライダー27。

アシックスのゲルカヤノ30については、こちらのレビュー記事をご覧ください。

>>アシックス「ゲルカヤノ30」のレビュー記事はこちら

サイズ感

ウェーブライダー26と同じサイズ感です。そのため、普段履いているランニングシューズと同じサイズで問題ないです。

足幅が広い人であれば、SW(スーパーワイド)サイズ選ぶことで、問題なく履きこなすことができます。

ピタッとしたフィット感が欲しい人ですと、前作の方が良いという人も多いと思います。ソフトな履き心地が良い人は今作の方が良いです!

とはいっても全体的な評価は今作の方が高いので、迷ったらウェーブライダー27を選ぶのがオススメです!

>>ウェーブライダー26のサイズ感はこちら

使う場面

普段のジョギング用に最適

1km5分~7分のジョギングに使うのがオススメです。

使いやすいジョギングシューズ!

クッションがありながらも、自分の足で走っている感覚もしっかりあります。ですので、足作りのジョギング用シューズとして最適です。

また、シューズが柔らかいことで、履いた人の走り方にシューズが寄り添ってくれる感覚があります。

そのため、自分の走りがしたい人やシューズにリードされたくない人にオススメです!

ウェーブライダー27の走り方

どこから着地をしても走りやすいですが、クッションが豊富な点からかかと着地で走るのがベストになりますね。

ドロップが大きいので、かかとからつま先にかけて自然な体重移動ができます。

そのため、かかとから着地をする市民ランナーの人や初心者ランナーに、ウェーブライダー27はオススメです!

マラソンでは前作よりも使いやすい

前作から重量が軽くなり、柔らかく長い時間履いても疲れにくいことから、初心者ランナーからサブ4ランナーにオススメのレスシューズです!

強い反発のカーボンプレートがない分、30kmをすぎてからも自分の走りができるというメリットがあります。

脚力や走力がない人でも履きこなしやすい!

練習からフルマラソンまで1足で使えるので、コストパフォーマンスの点からも使いやすいです。

まとめ

ウェーブライダー27
アッパーメッシュ素材
ミッドソール「ミズノエナジー」
「ミズノウェーブ」
アウトソールX10(エックス10)
重量(27.0cm)約280g
値段(税込)¥14,850
マラソン
部活

Amazonや楽天など、ネットでも購入することができます。カラー展開も豊富ですので、自分の好きな色を見つけてみてください!

ウェーブライダー26はホノルルマラソンカラーでしたが、ウェーブライダー27はアムステルダムマラソンカラーです!

オランダらしいカラーを、普段のランニングにも取り入れてみてはいかがですが?^^

おわりです^^

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このブログを運営している人

ランニングが身体の一部になっている「みかづき(筆者)」です。

市民ランナーとして普段は走っており、記事の中で出てくる「筆者」として記事を制作しています。このメディアを通して、少しでもランニングに関する悩みを解決したいと思っております。

目次