【ホカオネオネ】ボンダイ8 レビュー|普段履きのコーデにも!

こんにちは、みかづきです^^

今回はHOKA「BONDI 8(ボンダイ8)」のレビュー記事です。

ボンダイ8は2022年7月15日に、クッション性の高い厚底シューズとして発売されました。

分厚いクッション性が特徴的で、主にスロージョギングや普段のジョギングで役立つシューズになっています。

デザイン性も高く、ファッションで1つのコーディネートアイテムとしても大活躍しています。

それでは、10年以上ランニングを続けている筆者が、ボンダイ8について解説していきます。

目次

ボンダイ8の特徴

ボンダイ8の詳細を、次の表でまとめてみます。

ボンダイ8
アッパーエンジニアードメッシュ
ミッドソールROFLY+ミッドソール
アウトソールDurabrasion ラバー
重量
(27.0cm)
約315g
値段(定価)¥25,300円

ボンダイ8の特徴を、簡単にまとめると以下の通りです。

ボンダイ8の特徴
  • ランニングシューズでトップレベルのクッション性がある。
  • クッション性が高い割に柔らか過ぎることはなく、安定性がある。
  • 重量300g以上・高いクッション性から、ジョギング専用のシューズ。

1つずつ、深掘りします。

トップレベルのクッション性

ボンダイ8の1番の特徴は、ホカオネオネの中でもトップレベルのクッション性があることです。

ホカオネオネのシューズは、クッション性が高いシューズが多いことで有名です。

しかし、その中でもボンダイ8はクッション性が高いシューズとなっています。

ホカオネオネの中でトップレベルのクッション性!

クッション性が高いですが、クッションが柔らか過ぎる訳ではありません。

地面へ踏み込んだ分だけ、しっかりと蹴り出すことができます。

ですので、高いクッション性を維持しつつも、走りやすさが追求された素晴らしいシューズとも言えますね!

ボンダイ7よりも安定性アップ

前作のボンダイ7とボンダイ8の違いは、安定性の高さです。

ボンダイ8はボンダイ7よりも数gの増量と、シューズの前足部の設置面積が増えました。

ですので、着地をしたときの安定性が高くなっています。

クッション性がより高くなった分だけ、設置面積を増やすことで安定性を高めています。

そのため、前作よりもクッション性と安定性の高い厚底シューズへと生まれ変わりました。

耐久性の高いソール

シューズの裏は設置面積が広くなっただけでなく、耐久性の高い素材が使われています。

裏側はゴツゴツした形状になっており、滑りにくいだけでなく耐久性も高めてくれます。

シューズ裏は、耐久性の高い形状になっている!

クッション性の高さから、普段のジョギングで使うとなると走行距離が自然と高くなると思います。

普段のジョギングで使うと想定される分、あえて耐久性の高い形状に作られているのかもしれませんね。

サイズ感

シューズのサイズは、普段履いているランニングシューズと同じサイズ感で問題ありません。

またワイドサイズもあるため、普段ワイドなシューズを履いている人は、同じサイズのワイドを選んでください。

筆者は、普段27.5cmのワイドサイズのクリフトン9を履いています。

今回のボンダイ8も、27.5cmのワイドサイズでした。

前作よりも前足部が少し広くなりましたが、特別サイズ変更をする必要はないと思います。

筆者としては、クリフトン9の方はゆとりがある感覚がありましたが、そこまでフィット感の差はありません。

少しゆったりのフィット感が欲しい人は、クリフトン9を選んでみるのもアリだと思います。

>>クリフトン9のサイズ感はこちら

使う場面

ボンダイ8は、普段のジョギングシューズと使うのがオススメです。

クッション性が高く耐久性も十分なので、マラソンやロードレースを目指している人には特にオススメです。

長い距離を走り込むときは、ゆっくりと走るジョギングがメインになると思います。

キロ6分~キロ12分までのジョギングなら、ボンダイ8で楽に走ることができます。

そのため、スロージョギングや長い距離を走る方は、特にボンダイ8がオススメです。

クリフトン9と比較

クリフトン9とボンダイ8を比較してみます。

スクロールできます
クリフトン9ボンダイ8
アッパーエンジニアードニットエンジニアードメッシュ
ミッドソールEVAミッドソールROFLY+ミッドソール
アウトソールDurabrasionラバーDurabrasion ラバー
重量(27.0cm)約248g約315g
値段(定価)¥20,900円¥25,300円

クリフトン9とボンダイ8の違いは、走るペース帯が異なる点です。

クリフトン9はキロ4分~5分など少し速いペースでも使えますが、ボンダイ8はジョギング専用となります。

ボンダイ8の方はクッション性が高い分だけ、ペースが出しにくくなっていますね。

  • クッション性重視→ボンダイ8
  • 少しペースを上げたい→クリフトン9

自分が重要としている要素で、どちらかを決めるのが1番だと思います。

クリフトン9については、こちらのレビュー記事を参考にしてください。

まとめ

ボンダイ8
アッパーエンジニアードメッシュ
ミッドソールROFLY+構造ミッドソール
アウトソールDurabrasion ラバー
重量
(27.0cm)
約315g
値段(定価)¥25,300円

ボンダイ8の特徴を、以下にまとめてみました。

ボンダイ8の特徴
  • ランニングシューズでトップレベルのクッション性がある。
  • クッション性が高い割に柔らか過ぎることはなく、安定性がある。
  • 重量300g以上・高いクッション性から、ジョギング専用のシューズ。

普段のジョギングシューズとして、ぜひ使ってみてください!

ボンダイ8は普段履きとしても使いやすいです。

その場合は、「ホワイト」または「ブラック」のカラーがオススメです!

おわりです^^

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このブログを運営している人

ランニングが身体の一部になっている「みかづき(筆者)」です。

市民ランナーとして普段は走っており、記事の中で出てくる「筆者」として記事を制作しています。このメディアを通して、少しでもランニングに関する悩みを解決したいと思っております。

目次