【ミズノ】ウェーブリベリオンフラッシュ2レビュー|高い耐久性!

こんにちは、みかづきです^^

今回はミズノの「WAVE REBELLION FLASH 2」のレビュー記事です。

ウェーブリベリオンフラッシュ2は、2024年1月19日にサブ3~サブ4ランナーを対象に販売されました。

ウェーブリベリオンプロ2と同様に、かかとが削れた特徴的な形状をした厚底カーボンシューズになっています。

それでは、10年以上ランニングを続けている筆者が、前作や他のシューズと比較して解説します。

目次

ウェーブリベリオンフラッシュ2の特徴

出典:Amazon.ac.jp

ウェーブリベリオンフラッシュ2の詳細を、次の表にまとめてみます。

ウェーブリベリオンプロ2
アッパーエンジニアードメッシュ
ミッドソール「ミズノエナジーライトプラス」
「グラスファイバー強化
ナイロンプレート」
「ミズノエナジー」
アウトソールラバーアウトソール
重量(27.0cm)約245g
値段(定価)¥18,700円
マラソン
部活

ウェーブリベリオンフラッシュ2は重さが240g前後あるので、レースシューズという視点からみると特別軽い訳ではありません。

しかし、カーボンプレートが搭載されていて240g前後ですので、フルマラソンを走っていても重いと感じることはありません。

前作と比較

ウェーブリベリオンフラッシュとウェーブリベリオンフラッシュ2の1番の違いは、ミッドソールの素材と形状です。

前作とは違って、フラッシュ2ではかかとが削れた特徴的なシューズになっています。

また、ミッドソール事態の反発性も上がっているため、今作の方がより速く走りやすいランニングシューズになっています。

ミッドソールの素材と形状が変更した分だけ、重さが10g前後増えています。

これらのアップデートより、ウェーブリベリオンフラッシュ2はよりレースよりのシューズになりました。

ですので、シューズからの反発をもらって自己ベスト更新へ挑戦したい人にオススメのシューズになっています。

反発性を抑えたシューズ

ウェーブリベリオンフラッシュ2は、反発性とクッション性の高いレースシューズです。

しかし、反発性が特別高すぎることはなく、サブ3~サブ5くらいのランナーでも使いやすいと思います

もちろん、シューズの反発性が強い方がより速く走れます。

しかし、反発性が強すぎるあまり、人によってはシューズ負けをして後半失速することもあります

今作の「グラスファイバー強化ナイロンプレート」は、自由の利くカーボンプレートになっています。

ペース変化がしやすく、スピードを出したいときは十分に出せるシューズ!

ですので、ある程度自由の利くカーボンプレート入りのレースシューズが欲しい人にオススメです。

全体的に耐久性が高い

通気性の良いメッシュ生地が使われていますが、破けたりすることなく使えるシューズになっています。

アシックスのマジックスピード3のように、かかとの部分が薄くなっていません。

しっかりとした厚みがあって、ホールド感も高くなっています。

そのため、かかとのホールド感が高い厚底カーボンシューズが欲しい人に特にオススメです!

>>マジックスピード3のレビュー記事はこちら

ウェーブリベリオンプロ2と比較

スクロールできます
ウェーブリベリオンプロ2ウェーブリベリオンフラッシュ2
アッパーエンジニアードメッシュエンジニアードメッシュ
ミッドソール「ミズノエナジーライトプラス」
「カーボン強化ナイロンプレート」
「ミズノエナジーライト」
「ミズノエナジーライトプラス」
「グラスファイバー強化
ナイロンプレート」
「ミズノエナジー」
アウトソールG3ソールラバーアウトソール
重量(27.0cm)約215g約245g
値段(定価)\25,300円\18,700円

ウェーブリベリオンプロ2とウェーブリベリオンフラッシュ2の違いは、スピード帯に対する安定感です。

1kmを3分ペースで走る場合は、ウェーブリベリオンプロ2の方が走りやすいです。

1km3分30秒~4分20秒くらいになると、ウェーブリベリオンフラッシュ2の方が安定感は高くなります。

ミズノ最高峰であるウェーブリベリオンプロ2、非常にスピードが出しやすいシューズです。

スピードが出せる分だけ足への負荷がかかるため、プロ2をフルマラソンで使うには難しいかもしれません。

ウェーブリベリオンフラッシュ2では、プロ2よりスピードが出しにくい分だけ安定感があります。

安定感があると足への負荷が少なく、42kmをより走りやすくなります。

ですので、駅伝などスピードが求められる部活生にはウェーブリベリオンプロ2、マラソンランナーにとってはウェーブリベリオンフラッシュ2がオススメです!

  • 部活生→ウェーブリベリオンプロ2
  • マラソンランナー→ウェーブリベリオンフラッシュ2

ウエーブリベリオンプロ2についは、こちらのレビューを参考にしてください↓

サイズ感

普段履いているランニングシューズと同じサイズ感で大丈夫です。

ウェーブリベリオンフラッシュ2は、ワイドサイズ(3Eサイズ)があります。

そのため、普段からワイドサイズを履いている人は、ワイドサイズを選ぶのがオススメです。

筆者はヴェイパーフライ3やウェーブリベリオンプロ2の27.5cmを履いていますが、フラッシュ2も27.5cmで履けました。

ホールド感が強いため、少し大きめにシューズを履きたい人にとってはワイドサイズを選ぶのも良いでしょう。

使う場面

  • ポイント練習(ペース走など)
  • ロードレース(マラソンがベスト)

ウェーブリベリオンフラッシュ2は、ロードレースやポイント練習で使うのがオススメです。

1km3分30秒~4分20秒ペースで使いやすいシューズになっています。

そのため、1km4分のペース走や1km4分を切ってペース走やビルドアップ走をするときに使うのがベストです。

また、ナイキのヴェイパーフライ3などのレースシューズよりも、スピードが出しにくい分だけ安定感があります。

そのため、足への負荷が少なく長い距離を走りやすくなります。

長い距離を速く走りたい場面で使うのにオススメ!

まとめ

ウェーブリベリオンプロ2
アッパーエンジニアードメッシュ
ミッドソール「ミズノエナジーライトプラス」
「グラスファイバー強化
ナイロンプレート」
「ミズノエナジー」
アウトソールラバーアウトソール
重量(27.0cm)約245g
値段(定価)¥18,700円
マラソン
部活

ウェーブリベリオンフラッシュ2の特徴を、以下にまとめてみました。

ウェーブリベリオンフラッシュ2の特徴
  • 抑えた反発性によって、足への負荷が少なくなっている。
  • かかと部分のホールド感が強く、耐久性の高くなっている。
  • 1km3分30秒~4分20秒ペースで走りやすい!

練習でも使いやすいレースシューズとして、ぜひ使ってみてください!

スポーツゼビオだけでなく、Amazon・楽天からも購入できます。

おわりです^^

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このブログを運営している人

ランニングが身体の一部になっている「みかづき(筆者)」です。

市民ランナーとして普段は走っており、記事の中で出てくる「筆者」として記事を制作しています。このメディアを通して、少しでもランニングに関する悩みを解決したいと思っております。

目次