【ブルックス】ハイペリオンテンポ レビュー|ペガサスターボのように万能

こんにちは、みかづきです^^

今回は、ブルックスの「ハイペリオンテンポ(Hyperion Tempo)」のレビュー記事。

2023年8月に新作「ハイペリオン」が出たこともあり、気になっている方も多いと思います。

(ハイペリオンの詳細は、別の記事で解説します)

それでは元陸上部だった筆者が、特徴やサイズ感を他のシューズと比較して解説していきます。

目次

BROOKSの「ハイペリオンテンポ」とは

中底という程よい厚さのランニングシューズになっており、普段のジョギングだけでなく、スピード練習やペース走などのポイント練でも使用することができますよ。

(万能シューズと言われる要因は、上記の理由から)

初心者ランナーでもエリートランナーでも使える、魔法のシューズって感じがします。(後ほど解説)

シューズの特徴

  • 高密度の液体窒素を素材に融合
  • (DNA FLASHというクッション材)
  • 他のシューズにはない独特のクッション性が特徴
  • 通気性の良いメッシュ系の素材を使用
  • ジョギング~スピード練習まで全て対応
  • 重量:約203g(27.0cm)
  • 価格:19,800円(税込)

上記が主なハイペリオンテンポの特徴になります。

ハイペリオンテンポの重さが200gちょっとでしたので、スピードが出しやすい軽さです。

ブルックス独自のクッション素材

ハイペリオンテンポの一番の特徴は、「DNA FLASH」というクッション素材が使われていること!

DNA FLASHとは、クッション素材でありながら反発力を生み出してくれるシューズの底の素材。

高密度の液体窒素を素材に融合させる液体形成プロセスを用いることにより、超軽量でありながら抜群のクッション性と高い反発性を実現しました。

出典:brooksrunning.co.jp

ただのクッション素材ではなく、高密度の液体窒素を素材に融合させるという独自の技術で程よいクッション性と反発性があります。

厚底カーボンシューズのような強い反発力がなく、安いランニングシューズのような強いクッション性でもなし。

ですので、練習に使う程度のよい反発性とクッション性を求めている方に、特にオススメ

程よい反発性とクッション性くらいのシューズが欲しい人に!

フルマラソンにも使えるスペック

ブルックスのハイペリオンテンポは、耐久性が高いことでも人気があるランニングシューズになっています。

初心者でもサブ3狙いでも、ハイペリオンテンポはフルマラソン対応。

42.195kmを走ってもヘッチャラって感じのレベルです^^

ここで、あわせて耐久性の話もします↓

ハイペリオンテンポは耐久性も高い

アスファルトの上で普段ジョギングをしていますが、半年ほど使っていても全然、すり減っている感じがありませんでした。

(もちろんシューズは消耗品ですので、多少、すり減りや削れている部分はあります。)

普段使っているナイキのペガサス40やホカのクリフトン9と比較して、かなりタフなシューズだなという印象を受けました。

できるだけ寿命が長く、耐久性の強いランニングシューズが欲しいという方にはオススメですね!

ペガサス40の耐久性・その他詳細は、こちらに記載していますのでどうぞ^^

サイズ感

ナイキやアシックスのシューズと同じ感覚のサイズ感でした。

ナイキやアシックスのランニングシューズを使っている方は、そちらと同じサイズを選んでもらって問題と思い増した。

ペガサスシリーズと同じサイズ感ですね。

しかし、アシックスでもワイドサイズのシューズを履いている方は少し注意が必要です。

ワイド感があまりなかったので、厚めのソックスを履いていると普段ワイドサイズを履いている筆者にとっては、少し窮屈感がありました。

足の甲部分で圧迫感はありませんでしたが、足幅が大きい方は一度試し履きをしてから購入されるのがオススメです。

試し履きをすると言っても、BROOKSのランニングシューズを取り扱っている店舗は少ないと思います。

※陸上選手に人気のある「ステップスポーツ」ですら、BROOKSのランニングシューズは取り扱っていませんでした。(2023年調べ)

そんなときにオススメなのが、Prime Try Before You Buyです!

→無料で試し履きができます。(1週間以内)

ハイペリオンテンポを使う場面

ハイペリオンテンポを使う場面
  • ハーフ・フルマラソン(サブ3、4~完走までOK)
  • ポイント練(スピード練習含む)
  • ジョギング(どんなペース帯でも対応○)
  • 部活動

普段のジョギングからスピード練習まで、全ての練習を1足でカバーできるシューズになっています。

シューズの厚さは、中底(厚底と薄底の間くらいの厚さ)シューズとなっているため、30kmの長いロングランやフルマラソンも走り切れるスペック
(クッション性の観点より)

  • 軽量性と程よいクッションの量が、スピード練習まで可能に。
  • 初心者でもサブ3狙いでも、ハイペリオンテンポはフルマラソン対応。

1足で全ての練習をこなせることから部活生にはもちろん、ランニングシューズは1足だけしか買いたくないという市民ランナーにもオススメ

ジョギングからスピード練習まで使えることから、1足で長く使えるので中学生や高校生といった、部活生に使いやすいランニングシューズになっていると思います。

お子さんへのプレゼントにも、ちょうど良いシューズになっていると思いますよ!

ペガサスターボネクストネイチャーと比較

  • ハイペリオンテンポの方が足の回転がスムーズ
  • シューズ反発力を活かしたいなら、ペガサスターボ

ほとんど同じ使い方ができますが、わずかな違いを挙げると上記の2つ。

ナイキのペガサスターボネクストネイチャーの方が、クッションの反発を強く感じることができます。

しかし、自分の足で走っている感覚が強いのは、ハイペリオンテンポ。足の蹴り出しから回転まで、リズミカルにすることが可能。

とはいえ、ハイペリオンテンポとペガサスターボネクストネイチャーはどちらもテンポアップシューズ。

つまり、どちらも強度が高めな練習で活躍してくれるランニングシューズになっています。

ペガサスターボネクストネイチャーのレビュー記事は、下に貼っておきます↓

まとめ

ハイペリオンテンポのまとめ
  • カーボンのないクセが少ないシューズ
  • 程よい反発性とクッション性くらいのシューズが欲しい人に!
  • ジョギングからスピード練習まで、1足で全ての練習をこなせる!

購入方法

ハイペリオンテンポの購入方法
  • Amazon
  • 楽天市場
  • ブルックスの公式サイト
  • ヨドバシカメラ
  • フリマサービス(メルカリなど)

Stepスポーツなど、大手のスポーツ用品店でも購入できないところがあります。

筆者はAmazonで購入することができましたので、Amazonで買うのが1番確実です。

最近のテンポアップシューズは高価なものが多いので、シューズのスペックから考えると安いと言える価格です。

おわりです^^

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このブログを運営している人

ランニングが身体の一部になっている「みかづき(筆者)」です。

市民ランナーとして普段は走っており、記事の中で出てくる「筆者」として記事を制作しています。このメディアを通して、少しでもランニングに関する悩みを解決したいと思っております。

目次