【NIKE】ペガサス40 レビュー|ワイドサイズは履きやすい!

こんにちは、みかづきです^^

今回は、ナイキの「ペガサス40」について解説しています。

2023年4月から発売された「Air Zoom Pegasus 40」は、春らしいカラーバリエーションで登場しました。

長い歴史をもつペガサスシリーズもついに40代目に突入し、NIKEの代名詞としても言えます。

ナイキのランニングシューズで、何を履いたら良いか分からない!

こういった悩みのある方に、ぜひ履いて欲しいのがペガサス40です!

今回は10年以上ランニングを続けている筆者が、ペガサス40について詳しく解説していきます。

目次

シューズの特徴

スクロールできます
ペガサス39ペガサス40
アッパーエンジニアードメッシュ素材メッシュ素材
ミッドソールReactフォーム
Zoom Air
Reactフォーム
Zoom Air ×2
アウトソールワッフルソールのラバーワッフルソールのラバー
重量(27.0cm)約266g約280g
値段(定価)¥14,300¥15,400

ペガサス40の特徴を、簡単にまとめてみました。

ペガサス40の特徴
  • 前作から、アッパー(シューズの上の部分)が柔らかくなった!
  • 甲の部分があたるのが嫌な方でも履きやすい!
  • 中足部のフィット感が高くなった!

それぞれについて、詳しく解説していきます。

アッパーが柔らかくなった

出典:nike.com

アッパー(シューズの上の部分)の素材は「エンジニアードメッシュ」と、素材は前作とは変わっていませんが、編み方が変わりました。

編み方が変わったことで、足の甲の部分が前作よりも柔らかくなりました。

足の甲の部分が柔らかくなった!

少しザラッとした感じになり、通気性が良く、足あたりが良くなりました。

前作のペガサス39は、足の甲の部分が少し固いというのが、デメリットと感じた方も多いと思います。

今回のペガサス40は、その甲の部分の固さが改善されたので、より幅広い方の足に合うと感じました。

日本人に多い足の甲が高い方でも履きやすいランニングシューズとなっています。

足の甲が高い方でも履きやすい!

靴ひもの部分が強化

出典:nike.com

靴ひもの部分が、ワイヤーからバンドへと変更されました。

この変更により、バンドが補強材として活躍し、中足部(シューズの真ん中の部分)のフィット感が良くなりました。

中足部のフィット感が良くなった!

ランニングシューズは、中足部のフィット感が全体のフィット感に大きく影響しますので、非常に良いアップデートになりました。

シューズのフィット感が高くなると、走っている時の横へのブレが起こりにくくなったり、地面への着地がスムーズになるといったメリットがあります。

フィット感が高いシューズ
  • 走っているときの横ブレを抑えることができる。
  • 地面への着地をスムーズに行うことができる。

フィット感が高くて走りやすいシューズが欲しい方には、ぜひ履いて欲しい1足になります。

バネのような走りに!

出典:nike.com

しっかりとしたクッション材があることによって、誰でも上手く地面からの着地をもらえるような感じがありました。

どこまでもつづく、バネのような走り

Nike Reactフォームを敷き詰めたヒールと前足部にはZoom Airユニットを内蔵。クッショニングの効いたエネルギッシュな履き心地が、どんなランでも活躍します。

出典:nike.com

ペガサス40のつま先部分とかかと部分に、「Zoom Airユニット」というクッション材が使われています。

このクッション材により、かかとから着地をしても、つま先部分から着地をしても地面からの反発をもらって進むことができます。

ナイキの「ヴェイパーフライネクスト%2」のといった、バネのような反発材ではありません。

ですので、しっかりと自分の足で走ることができるので、日々のジョギングで足を鍛えることができます。

高い反発材がないので、自分の足の力で走ることができる。

サイズ感

前作(ペガサス39)と同じサイズで問題ないと思います。

足の甲の部分が柔らかくなったので、足の甲が高い人や少し低い人でも問題なく履けるようになりました。

足の甲の部分があったても、違和感がない!

今回のペガサス40では、なんとワイドサイズがあります。

ワイドサイズがある!!

ナイキのシューズは、どちらかというと横幅がせまいものが多かったので、今までペガサスシリーズが合わなかったという人もいたと思います。

ですが、ワイドサイズを選ぶことで足幅が広い人でも履けるようになりました。

足幅の感覚としては、ワイドサイズがナイキのペガサスターボネクストネイチャーと同じワイド感でした。

薄底で、ライトレーサーやターサーのワイドサイズを使っている方は、ペガサス40もワイドサイズを選択するのが良いと思います。

ペガサス40のサイズ感
  • 足の甲が柔らかい素材のため、甲が高い方でも履ける。
  • ワイドサイズがあることで、足幅が広い方でも使える。
  • 今までナイキのシューズが合わなかった方でも履きやすい!

ナイキのシューズに挑戦したいという方は、ペガサス40から入るのがオススメです!

使う場面

基本的に、普段のジョギングシューズとして使うのがベストになります。

履きやすいクッション性と安定性から、部活生が土のグランドを走るにも適しています。

ペガサス40は、普段のジョギングシューズに!

厚底シューズと言うと、「反発材がすごくて跳ねる」といったランニングシューズがとても多いです。

しかし、今回のペガサス40は反発材が少なく、シンプルなランニングシューズとなっています。

ですので、足を鍛えることができるので、普段のジョギングに最適です。

反発材が少なくシンプルなランニングシューズ!

初心者の方やフルマラソンの完走を目指しているという方であれば、マラソンで履いて走るのがオススメです。

マラソンで、サブ4.5やサブ4よりも速く完走したいと言う方には、少し向いてないなと感じました。

マラソンでは、ペガサス40よりも反発力のある「ヴェイパーフライネクスト%2」や、アシックスの「マジックスピード2」といった厚底シューズで走るのが良いと思います。

ですが、つま先部分とかかと部分にエアー(反発材)が入っていますので、走力の高い方であれば、キロ4分~キロ4分20秒くらいでジョグをすることもできます。

ペガサス40の使う場面
  • 部活生が土のグランドを走るにも適している。
  • 初心者の方は、マラソンシューズとしても使える!
  • キロ4分~キロ4分20秒くらいでジョグをすることもできる!

「ナイキのランニングシューズで、何を履いたら良いか分からない」と悩んでいる人にぜひ履いて欲しいシューズです!

まとめ

今回は「【NIKE】ペガサス40 レビュー|ナイキのワイドサイズは履きやすい!」について解説しました。

ペガサス40の特徴を、簡単にまとめてみました。

ペガサス40の特徴
  • 前作から、アッパー(シューズの上の部分)が柔らかくなった!
  • 甲の部分があたるのが嫌な方でも履きやすい!
  • 中足部のフィット感が高くなった!

ナイキからワイドサイズを出してくれることで、幅広い方が使えるだけでなく、ゆったりと履きたいにも嬉しいポイントです。

価格は15,400円(税込)で、スポーツショップやネットで販売されいます。個人的には、送料無料でポイントもたまるAmazonで購入するのがオススメです。

おわりです^^

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このブログを運営している人

ランニングが身体の一部になっている「みかづき(筆者)」です。

市民ランナーとして普段は走っており、記事の中で出てくる「筆者」として記事を制作しています。このメディアを通して、少しでもランニングに関する悩みを解決したいと思っております。

目次