UAフロー ベロシティ ウインド2 レビュー|クッション性が高い!

こんにちは、みかづきです^^

普段のジョギングだけでなく、少し速いペースで走れるシューズが欲しいと悩んでいませんか?

ペース走や距離走で使える良い感じの練習シューズが欲しい!

クッション性が高いシューズは、一般的にシューズが重くなりスピードが出しにくくなってしまいます。

そんな悩みを解決してくれるのが、今回のUAフロー ベロシティ ウインド2です!

軽量なことから、スピードが出しやすくなっています。

今回は、10年以上ランニングを続けている筆者が、UAフロー ベロシティ ウインド2について詳しく解説していきます。

目次

シューズの特徴

UAフロー ベロシティ ウインド2の特徴を、次の3つにまとめてみました。

UAフロー ベロシティ ウインド2の特徴
  • 軽いため、スピードが出しやすい!
  • クッション性が高い!
  • 地面への着地がしやすい!

それぞれについて、詳しく解説していきます。

ぜひ最後までご覧ください!

スピードが出しやすい

出典:アンダーアーマー

UAフロー ベロシティ ウインド2は、スピードを出して走れるのが最大のポイントになります。

スピードが出しやすい!

クッション性が高くなってくると、少し速いペースで走ろうとしてもシューズの重さやクッションの沈み込む感覚があって、スピードを出しにくいと感じた経験があると思います。

解決できる悩み

シューズの重さやクッションの沈み込む感覚があって、スピードを出しにくいと感じた経験がある。

今回紹介している「UAフロー ベロシティ ウインド2」もクッション性が高いシューズです。他のシューズと異なるのは、軽量で高い通気性を持っているため、足の回転をスムーズに行うことができる点です。

軽いシューズなので、スムーズな足の回転ができる!

ジョギングをする上で、クッション性が高いシューズを履いて走りたいという方が多いと思います。ですが、クッション性の高いシューズを履くと走っているときに重いと感じた場面もあると思います。

UAフロー ベロシティ ウインド2は、クッション性が高いのに軽量なランニングシューズです。軽量かつクッションが欲しいという方には、特にオススメしたい一足です。

軽量でクッション性が高いシューズが欲しい方にオススメ!

重さを気にすることなく走ることができるのは、ありがたいですね!

クッション性が高い

出典:アンダーアーマー

UAフロー ベロシティ ウインド2には、耐久性に優れたクッションが搭載されています。

耐久性にも優れたクッションがある!

クッション性が非常に高く、コンクリートやアスファルトの上でもしっかりと衝撃を吸収して走ることができます。
固い路面を走るときでも、クッションがサポートしてくれます。

固い路面でも、クッションがサポート!

普段のランニングをコンクリートやアスファルトの上でしている方には、特にオススメになります。

コンクリートやアスファルトの上で走ることが多い人にオススメ!

地面への着地がしやすい

出典:アンダーアーマー

軽量で走りやすいだけでなく、地面への着地もしやすいです。

地面への着地がしやすい!

シューズの裏の部分に余計なラバーアウトソール(シューズのパーツ)が取り除かれています。そのため、シューズの裏の部分がフラットになっているため、足の裏全体で地面を捉えることができます。

シューズの裏がフラットになっているため、地面を捉えやすい!

シューズの裏がフラットになっているだけで、足の接地感覚がとても良くなり、足で地面を蹴り出しやすくなっています。

他にもシューズの裏がフラットなシューズとして、NIKEのインフィニティラン3が代表例です。NIKEのインフィニティラン3は、怪我のリスクが低いことで人気のランニングシューズです。

NIKEのインフィニティラン3は別に記事で詳しく解説していますので、気になる方はこちらをご覧ください。

地面を蹴り出しやすいことで、トップランナーのような軽々としたランニングをしやすくなります。

地面を踏ん張って走るよりも、軽量性を活かして軽い走りがしたい方にはぜひ使って欲しい一足になります。

サイズ感

UAフロー ベロシティ ウインド2は、甲の部分が低いシューズと感じました。

甲の部分が少し低いと感じた!

筆者は日本人に多い甲が高い足で、UAフロー ベロシティ ウインド2をいつものランニングシューズのサイズで履いたときは、少し窮屈に感じました。

ワイド感の方は問題なく、十分な足幅が確保されていたので、横幅の方は特に心配はいらないと思います。

シューズの足幅は、余裕があると感じた!

足の甲が高いという方は、普段のランニングシューズよりワンサイズ上げて購入するのが良いと感じました。

特別足の甲が高くはない方は、普段のランニングシューズと同じサイズで問題なく履けると思います。

足の縦の長さに関しては、一般的なランニングシューズと特に変わりないと感じました。ですので、足幅、足のサイズは基本的に普段のランニングシューズと同じサイズで問題ないと思います。

足の甲が高い方だけは、少し注意が必要です。

使う場面

普段のジョギングで使えることはもちろん、速いペースでのペース走や距離走、マラソンシューズとしても使うことができました。

ジョギングからマラソンまで使える!

クッション性が高いことから、普段のジョギングは問題なく使えました。UAフロー ベロシティ ウインド2では、軽量で地面への接地感覚も優れているため、速めのペースで距離を走るのも向いています。

そのため、ペースを意識して走るペース走であったり距離走でも走りやすかったです。トラックレースに向けてのペース走や、マラソン練習での走り込みまで使えるランニングシューズです。

しっかりと走り込みたいときに活躍!

スピードを出したジョギングができるため、市民ランナーの方だけでなく、トラックレースをメインとする中学生や高校生といった部活生にも使いやすいと感じました。

キロ4分ペースよりも速く走ることにも向いているので、1500mや5000mをメインに走っている方にちょうど良いと思います。

キロ4分ペースのペース走などにも使える!

まとめ

今回は「UAフロー ベロシティ ウインド2 レビュー|軽量かつクッション性が高いシューズ!」について解説しました。

UAフロー ベロシティ ウインド2の特徴を、次の3つにまとめてみました。

UAフロー ベロシティ ウインド2の特徴
  • 軽いため、スピードが出しやすい!
  • クッション性が高い!
  • 地面への着地がしやすい!

普段のランニングの質を向上させるシューズになっていると感じました。

軽さから生まれるスピードで、負荷の高い練習もこなしやすくなると思います。

シューズの色によっては、値下げになっているものもあります。

お求めのサイズがあればお得に購入できますので、ぜひチェックしてみてください。

おわりです^^

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このブログを運営している人

ランニングが身体の一部になっている「みかづき(筆者)」です。

市民ランナーとして普段は走っており、記事の中で出てくる「筆者」として記事を制作しています。このメディアを通して、少しでもランニングに関する悩みを解決したいと思っております。

目次